中学生の平均身長は?平均体重・伸ばす方法・止まる原因は?

中学生

中学生になると思春期になり身長が急に伸びる時期があります。

それが大人の身長をほぼ決める最後の背が伸びる成長のピークになります。

成長のピークは、男子で12歳~15歳、女子で10歳~12歳に間に成長ホルモンの分泌が多くなり、急に背が伸びる事になります。

この背が伸びる成長ホルモンが出る時期に、成長を妨げることをしていると背が伸びないことになります。
すると、最終的な大人の身長をほぼ決定づけてしまうことになるので注意が必要です。

この時期に背が伸びなくなるのは、一部の成長ホルモンがでない病気や生活習慣が問題になることが多いので、中学生の生活は背の高さを決める大事な時期です。

背の高さだけでなく体格などもつくられるので、大人になる準備をしっかりしていただきたいと思います。

ここでは、中学生の平均身長、平均体重、身長を伸ばす方法や止まってしまう原因についてご紹介します。

スポンサードリンク

中学生の平均身長は?平均体重との関係は

中学生の平均身長、平均体重は次のようになります。

<中学生の男子の平均身長・平均体重(2013年度)>

中学生 平均身長

年齢 身長(cm) 体重(kg)
12歳 152.3 43.9
13歳 159.5 48.8
14歳 165.0 54.0
参考情報 中学生男子は、成長ホルモンが出やすい12歳~15歳のため、平均 7cm/年も背が伸びています。
成長ホルモンが多く出る子供は、10cm以上/年も伸びることもあります。

*高校生 男子の平均身長についてはコチラを参照下さい。

<中学生の女子の平均身長・平均体重(2013年度)>

中学生 女子 平均身長

年齢 身長(cm) 体重(kg)
12歳 151.8 43.7
13歳 154.8 47.1
14歳 156.5 49.9
参考情報 中学生の女子は、成長ホルモンがすでにで終わりつつあるため、2cm~3cm/年の身長の伸びになり、男子より身長は伸びない傾向にあります。
女子は、小学校・高学年(9歳~11歳)の時期に成長ホルモンが多くでて、6cm~7cm/年の身長が伸びやすいです。

*小学校の男子・女子の平均身長についてはコチラを参照下さい。

中学生で身長を伸ばす方法は?

中学生で身長を伸ばすのは、男子と女子で変わってきます。

男子は、成長ホルモンが多く出やすい時期のため、12歳~15歳に時期に成長を妨げない生活習慣を取ることが大事です。
女子は、成長ホルモンが出終わった時期のため、無理に身長を伸ばそうとしないようにするのも大事です。

ここで注意したいのは、成長ホルモンが出る時期は、個人差があるということです。

早く成長ホルモンが出ると、小学生・中学年・高学年から背が急に伸びることがあります。逆に成長ホルモンが遅く出ると中学生後半に急に背が伸び出すこともあります。

スポンサードリンク

ただ、成長ホルモンが早く出すぎても、遅く出すぎると低い身長のまま大人になることがあります。

大人になったとき「低身長」になる目安は、18歳で男子が160cm未満・女子が148cm未満の場合です。「低身長」とは統計的に身長を計算した時に身長が小さい方から約2%の方を「低身長」としています。

低身長になる方は、約40%の方が、思春期が遅く、声変わりや体格が大きくなるのが遅れる方と言われています。

そのため、毎年の身長・体重を測ってみて、あまりに伸びが遅いと感じる時、思春期が明らかに遅れていると感じる方は、専門医にみてもらうとよいかと思います。

ただ、通常の場合は、ほぼ心配ないケースが殆んどなので焦らずに思春期になるのを待つのも大事です。

低身長にならない1つの目安

身長が急に伸び始めるのは「思春期」が関係しています。
思春期には、男性ホルモン・女性ホルモンが多く出始める頃で体の変化を感じる時期でもあります。

男子なら声変わり、女子なら胸が少し膨らみ始める頃です。

思春期に次の身長であれば、85%の確率である程度身長が伸びると言われています。

  • 男子:思春期開始時に135cmあれば、85%の確率で大人の身長は160cm以上になる
  • 女子:思春期開始時に132.5cmあれば、85%の確率で大人の身長は150cm以上になる

成人で男性160cm、女性150cmという身長は、平均よりも低いですが、極端に低い身長というわけではないので、中学生の段階では心配しなくても大丈夫かと思います。

中学生の身長が止まる原因は?

中学生は年齢的に男子が急激に背が伸び始め、女子は背が伸び率が下がる時期です。

個人差がありますので、時期はずれますが、目安としては、男子は12歳~15歳、女子は9歳~11歳が最も背が伸びる時期です。

身長が止まると感じるのは、中学生の女子が多いと思います。
これは、成長ホルモンの分泌が落ち着いてきている状態で身長も2cm/年程度の伸びになります。

最終的な大人の身長は、15歳~18歳になることが多いので、思春期から10代後半までは、できるだけ背の伸びを抑制する原因をなくすことが重要です。

ただ、特別なことをしなくても健康的な生活を送っていれば身長は順調に伸びます。

<中学生の背の伸びが止まらないためのポイント>

  • 睡眠をシッカリ取る

    睡眠は、成長ホルモンを分泌する大事な要素です。

    寝る子は育つ、というのは本当で、十分な睡眠をとって頂きたいです。

    睡眠中には、成長ホルモンが多く分泌され、背だけでなく体の成長を進めるホルモンが活動します。昼間に寝るよりもしっかりと夜に寝ることで、ホルモンの分泌がスムーズに行われます。夜は早く寝ることで、背を伸ばす事ができます。

    最近は、スマホ・ゲームなどで睡眠が妨げられることが多いですが、大人になって背を伸ばしたいなら、早めに寝て背を伸ばすことが大事です。

  • 栄養

    偏食も健康な体を作るのに妨げになる要因です。

    背を伸ばすには牛乳を飲むといい、というイメージがありますが、牛乳(カルシウム)と背を伸ばすのは直接は関係ありません。

    カルシウムは、骨を作る成分の1つで、骨の全体を作っているのはタンパク質です。骨を形作る意味では、カルシウムは必要な栄養素なので、牛乳を飲んでも良いかと思いますが、脂肪分が多いので肥満には注意しが方がいいです。

    お肉や野菜があるご飯をシッカリ食べるようにすれば基本的な栄養素は揃います。

  • 適度な運動

    運動は筋肉・骨格を作る大事な要素になります。

    バスケ、バレーボールをやれば背が伸びるという根拠はありません。そのため、適度な運動をしていれば、代謝が行われ、成長が進むため背も伸びることに繋がります。

    背を高くするには、体の代謝を良くして体に必要な栄養素を取ることで、大きくなることが出来ます。

    あまりに運動不足だと、筋肉の衰えなどで体の成長が遅れることがあります。背を伸ばすには、適度にスポーツや運動をすることをおすすめしたいです。

まとめ

  • 中学生の平均身長は、男子は152.3cm~165.0cm、女子は151.8cm~156.5cm。
  • 中学生の平均体重は、男子は43.9kg~54.0kg、女子は43.7kg~49.9kg。
  • 背を伸びる時期は個人差があり、身長を伸ばすには睡眠・栄養・運動をばらんすよくとることが大事
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ