高校男子の身長はいつまで伸びる?止まる時期・伸ばす方法は

高校男子の身長はいつまで伸びる?
高校になると男子の身長は、伸びるのが遅くなってきます。

男子の身長は、女子よりも遅く、中学生以降でグッと伸びてきます。

ですが、高校になると身長の伸びが止まりやすくなります。

大人の最終身長を決めるのは、高校時代の身長の伸びがラストスパートになるのです。

大人の男性の身長は160cm台は、やや低目とされるので、できれば170cm以上を目指したいですよね。

そこで、高校男子の身長がいつまで伸びるか、止まる時期・身長を伸ばす方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

高校男子の身長はいつまで伸びる?止まる時期は

高校男子の身長は、いつまで伸びるかは、次のグラフ・表をご覧ください。

男子の身長は、12歳(中学1年)~13歳(中学2年)くらいから最も伸び始めます。

そして、高校になり、16歳(高校2年)くらいまでで伸びが止まります。
高校生男子の身長の伸び方グラフ

年齢 平均身長(cm) 1年間の伸び(cm)
6歳 116.5
7歳 122.5 6.0
8歳 128.1 5.6
9歳 133.5 5.4
10歳 138.9 5.4
11歳 145.2 6.3
12歳 152.6 7.4
13歳 159.8 7.2
14歳 165.1 5.3
15歳 168.3 3.2
16歳 169.8 1.5
17歳 170.5 0.8

*厚労省のデータより。

男子の平均身長は、あくまで「平均」なので個人差もあります。

身長の伸びが、遅れて高校で急激に伸びることもあります。

ですので、身長が低目でもあまり心配しないようにして頂きたいです。

身長が低い時は、身長が伸びない生活習慣を送っている可能性があります。

そのため、身長が伸ばす生活習慣に変えていくことが大事です。

身長が伸びるのは思春期から

男子の身長が伸び始めるのは「思春期」の始まりからです。

思春期は、精巣が約4ml程度になった頃とされます。

男子の思春期の始まりは、11歳~16歳頃始まることが多いです。

思春期は、背を伸ばす「成長ホルモン」の分泌が盛んになる時期です。

思春期という「追い風」を受けて、身長を伸ばすことができる人生最後のタイミングなんですね。

身長を伸ばすためには、思春期の追い風を逃さないことが重要です。

身長が止まるサイン・時期は?

声変わりは、身長が止まるサインと言われています。

スポンサーリンク

「声変わり」も思春期の変化ですが、思春期の終わり頃になりやすいです。

ですので、声変わりが始まると、身長の伸びが止まる可能性があるのです。

ただ、身長の伸びは、個人差があるので、必ず身長が止まるわけではないです。

身長の伸び率は減っても、10代のうちは伸びる可能性があるので、あきらめないことが大切です。

思春期は早すぎると身長の伸びは減る

思春期は、早すぎると身長の伸び率が悪いとされます。

というのも、思春期の直前の身長から思春期に身長の伸びが加速するためです。

まだ身長が低い時期に思春期になると、低い身長をベースに伸びてしまうんですね。

身長が高くなってから、思春期を迎えたほうが、より高い身長になりやすいです。

ですので、思春期が来ないかも?と不安にならないことです。

160cm以上になる基準は?

思春期開始時に身長が135cm以上あれば、約85%が大人の最終身長が160cm以上になるとされます。

135cmというと、9歳~10歳の平均身長と同じくらいです。

思春期が始まる11歳~16歳には、135cm以上になっていることが多いです。

ですので、意外と160cm以下になるかも・・という心配はありません。

ただし、身長の伸びを止める生活習慣はしないようにしたほうがいいですね。

高校で身長を伸ばす方法は?

高校で身長を伸ばす方法は、いかに「身長を止めること」をしないか、が大事です。

「身長を止めること」とは次のことです。

  • ご飯を食べない

    「3食のご飯」をしっかり食べることが大事です。

    背が伸びることとは、骨が成長すること、です。

    骨が伸びるには、タンパク質・カルシウム・マグネシウムなどの栄養素が必要です。

    栄養を取らないと、骨を作るエネルギーが取れないため、身長も伸びなくなります。

    ですので、背を伸ばすには、ご飯をシッカリ食べて頂きたいです。

    ご飯は、高タンパク質の肉類・卵など、牛乳などの乳製品からカルシウム、納豆・豆腐などからマグネシウムを取ります。

    ご飯のお米は、糖質なので食べ過ぎると、太りますので注意。

    お菓子やスポーツドリンク類など、甘い食べ物・飲み物も、糖質で太りやすいです。肥満になると、エネルギーが骨ではなく、ぜい肉にいってしまいます。

    ですので、あまり糖質の取り過ぎは注意が必要です。

  • 睡眠時間が9時間未満

    睡眠時間は9時間以上寝ると、最も成長ホルモンが分泌し、骨が成長しやすいです。

    9時間も寝ていられるかよ!と思いますが・・(汗);

    ですが、骨を伸ばす「成長ホルモン」は寝ている時に分泌されるのです。

    「寝る子は育つ」のことわざは、本当なのです。

    ですので、睡眠時間をタップリ取ることは、背を高くするヒケツなんですね。

    ただ、睡眠時間が取れなくても「質の良い睡眠」が取れればOKです。

    質の良い睡眠とは、深い眠りになることです。睡眠開始から約2~3時間に一番深く眠ることができます。

    ですので、昼間に運動などをして夜はぐっすり眠る、寝る前にスマホをやりすぎないことが大切です。

    寝る前スマホは、目にブルーライトが入るため、脳を覚醒させます。

    寝る前はできるだけパソコン・スマホで、脳を覚醒させないようにしたいですね。

詳しくは次のページをご覧ください^^

関連記事

まとめ

  • 高校男子の身長は12歳~16歳(高2)くらいまでが最も伸びる
  • 17歳(高3)以降は、身長は止まりやすい・伸びづらい傾向
  • 高校で身長を伸ばすには、ご飯で栄養を取る・睡眠をしっかり取ることが大事

オススメ記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ