物忘れがヒドすぎると病気?チェックすることは 30代・40代も要確認

物忘れがヒドすぎると病気?
若い年齢でも急に物忘れがヒドすぎると、病気かも?と心配になりませんか。

30代・40代~なりやすい物忘れの病気は、若年性認知症などがあります。

認知症というと、60代以降になるイメージがありますが、若い方でもなる可能性があります。

認知症になる初期症状として、「軽度認知障害(MCI)」が若い方でも起きている可能性があります。

認知症は、日本の高齢化社会においては10人に1人がなるとされており、誰もがなりうる病気です。

ですので、認知症の芽は早めに摘んでおいた方がよいです。

若い方の「物忘れ」は、病気でない可能性もありますが、念のためにチェックしておいたほうがよいと思います。

そこで、「病気による物忘れ」と「病気以外の物忘れ」の違いや、軽度認知障害(MCI)のテスト内容などについてご紹介します。

スポンサーリンク

病気?物忘れがヒドすぎる時にチェックしたいことは?30代・40代も要確認

物忘れには、病気と、病気以外(加齢)による物忘れの2種類があります。

<物忘れの種類>

  • 病気の物忘れ
    脳神経細胞が壊れることで発症(アルツハイマーなど)
    脳卒中、頭部外傷による後遺症により発症
  • 加齢による物忘れ
    加齢により脳神経細胞の働きが衰えることで起きる

病気による物忘れは、次のような特徴があります。

新しいことを覚えられない

病的な物忘れの特徴は、新しいことを「全く」覚えられないことが増えていきます。

「新しいこと」とは、毎日の出来事、体験などがあったことを、なかったかのように忘れます。

少し忘れるのではなく、体験した事自体を全部忘れてしまうのです。

昨日あった出来事、今朝にしたことを覚えているでしょうか?

例えば、「昨日レストランに行った」「今朝、Aさんに電話した」などの体験がすっかり思い出せなくなると、注意が必要な物忘れです。

また、日常生活では、同じものを買ってきたり、同じことを話したりして、周囲の方が違和感を感じるようになります。

特に、日付・時間や場所の記憶が飛んでしまい、いつ・どこで・何をしたかを思い出せないことが多くなります。

病的でない物忘れならば、出来事・体験したことは覚えていて、詳細が思い出せない感じです。細かいことが思い出せるようであれば、問題ないかと思われます。

単なる物忘れは、すぐには思い出せないことがあっても、少し時間を取れば思い出せます。

物忘れの自覚がない

病的な物忘れは、自分の物忘れの自覚が少ないです。

自分が前より物忘れが激しくなっている自覚はあるでしょうか?

もし、物忘れがヒドくなったかも?と自覚しているなら、病的な物忘れである可能性は少ないです。

病的な物忘れは、忘れたことを自覚していないので、周囲の方から指摘を受けると、ごまかしたり、激しく抗議したりします。

病的に物忘れが激しくなった時は、ご自身よりも家族などの周囲の方が気付くことが多いです。

ただ、物忘れがヒドくなっていることを自覚している場合でも、気になるようならば病院で診断を受けてみて頂きたいです。

スマホ・料理などの手順を忘れる

病的な物忘れになると、スマホ・パソコン・料理などの手順が分からなくなり、操作などで迷うことが増えます。

最近、スマホ・パソコン・料理などをしている時に、途中でどうしてよいか分からなくなった事はあるでしょうか?

病気の物忘れが進むと、物事の判断能力が下がり、操作や手順、計画を立てて、実行できなくなります。

そのため、料理など手順と判断が必要なことが苦手になってきます。料理などを始めてから、途中で色々迷って何をしたらいいか、分からなくなることが増えてくると注意です。

病気で物忘れが進行するとどうなる?

病気の物忘れが激しくなる・多くなると「若年性認知症」になるリスクが高いと言えます。

認知症は初期症状・前段階があり、次のように進行することが多いです。

病的な物忘れが激しくなる→軽度認知障害(MCI)→周りの人から心配・注意される→日常生活に支障が出始める→軽度認知症→若年性認知症

若年性認知症は、進行が早く約10年ほどで認知症になるとされています。

スポンサーリンク

そのため、気づいた時点で出来るだけ早めに対処することが大事です。

物忘れが激しくなったかも?と思った時点で、軽度認知障害(MCI)のテストを受けるとよいです。

MCIのテストは、「物忘れ外来」などの病院で受診するといいです。

結果的に問題がなくても、早めにチェックしておくと安心できます。

また、将来的に認知症の発症リスクを減らすためにも、定期的にMCIテストを実施するといいですね。

病気による物忘れの原因は?

病気で物忘れが激しくなる原因は、次のとおりです。

  • 脳卒中による後遺症

    脳卒中による後遺症から、軽度認知障害・若年性認知症になる事が多いです。

    脳卒中は、脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血などの脳血管の病気です。

    脳の血管の病気で後遺症が出ると、脳神経の働きが悪くなるため、認知症になるリスクが高まると言われています。

    そのため、脳卒中にならないよう生活習慣病を予防する、再発防止することが大事です。

  • 脳変性による脳神経細胞の破壊

    脳変性とは、病気などにより脳の大脳皮質が萎縮することです。

    大脳皮質が萎縮し、脳神経細胞が破壊されると、記憶力・判断力がなくなっていきます。

    アルツハイマー型認知症・レビー小体型認知症・前頭側頭葉変性症があります。

    遺伝による若年性認知症も含まれます。ただ、若年性認知症のほとんどは遺伝性でないと言われています。

  • アルコール性認知症

    長期間に渡り、アルコールを飲み過ぎると認知症になることがあります。

    アルコールは認知症にとっては良くないです。

  • その他

    抑うつなどの気分障害などで若年性認知症になることがあります。

病気でない物忘れの原因は?

病気でない物忘れの原因は、次のことが考えられます。

  • 加齢
  • 慢性的な疲労
  • 慢性的な睡眠不足
  • 抑うつ的な
  • その他

慢性的な疲労、睡眠不足などの体調が悪い時は、記憶があいまいになることがあります。

睡眠不足や疲労が溜まりすぎると、注意不足など脳の働きも悪くなっていきます。

可能な限り、十分な睡眠を取って、疲れを癒やしてください。

体調が改善すれば、物忘れも減ってくると思われます。

眠れない・焦燥感があるなど心配な時は、精神科などを受診してもよいと思います。

物忘れがヒドイ時は何科に行く?

物忘れがヒドイ時は、MRIなどの設備がある認知症を診断できる病院に行くことが大事です。

普通の精神科などに行っても、薬を出して終わり、とならないためにも、専門医に診てもらうことが重要です。

  • 認知症サポート医
    厚労省が認定する医師
  • 認知症専門医
    認知症学会など認知症を専門にしている医師
  • 物忘れ外来
    MRI・SPECTなどの設備がある病院が良い
  • 一般診療科
    精神科、脳神経外科、老年内科 →認知症の専門か確認した方がいいです

軽度認知症のテスト内容は?

軽度認知障害(MCI)のテストは、医師からの質問で口頭で答えるMMSEテスト、長谷川式認知症スケールなどがあります。

若い年代での認知症を判断するのは、難しいとされています。

MRI、CTの画像検査でも、認知症がある程度進行しないと、画像では判断するのが難しいです。

脳細胞の縮小が始まっていると、認知症も進んでしまっていて、治療が遅れてしまうのです。

そのため、認知症の実績がある病院・医師の診断を受けることが大事です。

<軽度認知障害(MCI)のテスト内容は?>

  • MMSEテスト(ミニメンタルステート検査)
    医師から口頭で、記憶力・計算力・言語処理能力などの検査を行う。
  • 長谷川式認知症スケール
    MMSEを日本人向けにアレンジしたテスト。
  • 血液検査
    アルツハイマーの原因物質であるアミロイドβなどのタンパク質があるか検査する
  • MRI、頭部CT
    脳細胞の収縮などを検査する
  • SPECT
    薬剤を飲み、脳の血流を検査する

物忘れがヒドくなってきたと心配がある方は、早めに病院で診断をして頂きたいです。

若年性認知症は、早期発見・早期治療が認知症に発展しない重要なカギなのです。

今は問題ないかも・・と思っていても、将来の問題になってくる可能性があるので、お大事にして頂きたいです。

まとめ

  • 物忘れがヒドくなってきたら、病気によるものか加齢によるものかをチェック
  • 体験したことをまるごと忘れてしまう、同じことを繰り返すことがあると注意
  • 周囲から物忘れがヒドイと心配されるようなら、早めに認知症の病院で診断してもらう
スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ