目のクマの見分け方は?種類に応じた消す方法・対策は?

目クマ

老けている顔、疲れている顔の印象として一番にあげられるのが、目のクマです。

目の周りの皮膚は薄いので、目のクマはすぐ出来やすいですのです。

目の下が暗くなっていると、疲れ顔や老け顔に見えてしまうので、なんとかしたいですよね。

目のクマというと、寝不足が原因と思われがちですが、実は違う原因もあるんですね。

目のクマの種類は、青グマ・黒グマ・茶グマの3種類があります。

目のクマを消すには、3種類ごとに応じた消し方があります。

そこで、あなたの目のクマがどの種類化見分けをしてください。

そして、あなたのクマの種類に応じた消し方で、しっかりキレイにクマを消して、
若い顔を取り戻しましょう!

スポンサーリンク

目のクマの見分け方・青グマ・茶グマ・黒グマの違いは?

目のクマは、3種類があって、見分け方は次のようになります。

体質や骨格により、クマが見えやすかったり、目立たなかったりするので、
しっかりと見分けをしてくださいね。

<目のクマの見分け方は?>

  • 青グマ

    青グマは、疲れが溜まって、目の周りの血行が悪いとできやすいクマです。
    肌の下の血管が、うっ血した状態の色で、青っぽく見えます。

    青グマの見分け方は、目の周りの皮膚を少し引っ張ると薄くなり、
    クマにファンデーションを塗ると、クマが消えるなら、青グマです。

    青グマは、皮膚の下の血管が疲れなどで、浮き出ているので、肌表面には問題ありません。

  • 黒グマ

    黒グマは、目の周りの皮膚が、たるんできて、下まぶたと頬の間に影ができて、黒っぽくなるクマです。

    黒グマの見分け方は、鏡を見ながら顔を上にした時にクマが薄くなります。

    黒グマの正体は「影」のため、皮膚自体は黒くなっていません。

    黒グマは、ファンデーションを塗っても、影なので薄くできないので別の対策が必要です。

  • 茶グマ

    茶グマは、目の下に小さいシミ・くすみができたり、色素沈着したものです。

    茶グマの見分け方は、クマにファンデーションを塗ってクマが薄くなり、
    目の周りの肌を引っ張っても、クマが薄くならないなら茶グマです

    茶グマは、肌にシミ・色素沈着を起こしているため、お肌をケアしないと、根本原因は改善しづらいです。
    ただ、ファンデーションで隠すことができるクマです。

    スポンサーリンク

青グマの消し方

青グマは、目の下の血行が悪いために青っぽくなっているため、
血行を改善させて消す方法、または、頬を厚くするコラーゲンを増やす方法があります。

健康に良いことも考えると、血行を改善する方法がおすすめです。
血行を改善させるには、軽い運動をする他、ツボ押しも有効です。

青グマに良く効くツボは、次のツボです。
目の周りの皮膚は薄いので、あまり強く押さずに、軽く押すと効果的です。

・漁腰(ぎょよう)・・眉毛の中央の下
・糸竹空(しちくくう)・・眉毛の外側
・瞳子りょう(どうしりょう)・・目尻の端

頬をふっくりさせるには、クマの部分にビタミンC誘導体入の化粧水か、
レチノール配合のクリームなどで、コラーゲンを作るのも青グマ消しに有効です。

ビタミンC誘導体の化粧品は、リン酸アスコルビン酸が配合されたものを使うといいです。

黒グマの消し方

黒クマは、目の下のお肌のたるみによる影が影響しているため、
たるみを改善するような対策をします。

黒グマは、3種類の中でも一番消すのが難しいクマです。
そのため、黒グマはじっくり、対策する必要があります。

ファンデーション・コンシーラーで隠そうとすると、かえって目立つことがあるので注意して下さい。

目の下のたるみをなくすためには、ビタミンC誘導体化粧水で、コラーゲンを補給します。

また、顔のむくみで黒グマが目立つこともあります。

むくみがあるときは、軽い運動や、塩分を控えて、カリウムが含まれる食品を取るようにします。
(ほうれん草・アボカド・ひじき・納豆など)

茶グマの消し方

茶グマは、シミや色素沈着により目の下のクマが目立っているため、
シミ・色素沈着を消す対策をします。

シミは、美白化粧品を使って、目の下のシミを消していきます。

ハイドロキノンなどの美白成分で消すと有効ですが、目の下の皮膚は薄いので、注意して美白してください。

角質が厚くなっているなら、ピーリングで消すこともできます。

目の下の皮膚は、紫外線対策をして、新たなシミができないように予防することも大事です。

また、目の周りは、コンタクトなどをしていると手でこすったりして、色素沈着を起こしやすいです。

茶グマが気になる方は、毎日の生活でも、目元をこすってさらに悪化させないようにすることも大切です。

まとめ

  • 目のクマの種類は3種類あり、見分け方で自分のくまの種類を判断する
  • 青グマは、血行を改善させる方法が有効
  • 黒グマは、目の下の皮膚のたるみによる影のため、たるみ対策をする
  • 茶グマは、目の下のシミ・色素沈着のため、美白化粧品で対策する
スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ