歯並びが悪いのは遺伝?子供の噛み合わせ・不正咬合を予防するには

歯並び

歯並びが良くないと、見た目だけでなく、噛み合わせが悪いと体調や成長に影響します。

歯並びが悪く、上手く噛めないと明瞭な発音ができなくなったり、聞き取りが上手く出来なくなることもあります。

子供の歯並びは、遺伝の影響もあると言われています。ですが、遺伝だけでなく他の要素もあると言われています。

では、遺伝的に歯並びが悪くても、キレイな歯並びに大人になるまでにすることはできるのでしょうか。

子供から大人になるにつれて、あごの成長や日頃の習慣でも歯は移動します。歯科矯正することでも歯を少しずつ移動させ、歯並びを良くすることができます。

子供が生まれつき・遺伝的に歯並びが悪いときに、キレイな歯並びにする方法について、ご紹介します。

スポンサーリンク

歯並びが悪いのは遺伝?子供の噛み合わせ・不正咬合を予防するには

歯並びが悪いのは遺伝の要素があると言われています。お父さん・お母さんの顔が子供に似るようにあごの形・歯の並びも似てきます。

遺伝的要素が強いのは、受け口(下のあごが上のあごより前に出る)、歯の本数が足りないことも影響します。

ただ、子供の歯並びが成人になるまでに悪い・良いというのは、後天的な習慣によるものが多いです。

あごの形は、変えられませんが、歯は習慣により移動するためです。歯は力を加えていくと、少しずつ動いていきます。歯科矯正も歯が力で動くことを利用しています。

では、子供の歯並びが悪い時は、どのようにしたらよいでしょうか。

<子供の歯並びを悪い→良いにするには?>

  • 虫歯を作らせない

    乳歯で虫歯になると、大人の歯・永久歯が生えてくる時に変な位置に生えてくることがあります。

    乳歯は、永久歯が育つガイドにもなっていて、乳歯が育っているところに永久歯が生えてきます。

    そのため、大人になって歯並びを良くするには、乳歯は虫歯にならないよう注意が必要です。

    乳歯は永久歯に比べて、弱いので虫歯菌(ミュータンス菌)の侵食が早く、放っておくとすぐに歯がダメになります。

    特に、乳歯の奥歯は歯磨きの死角になるため、磨き残しや虫歯になっているのが気づきにくいので、チェックしてあげることが大事です。

  • 口を開ける・指しゃぶりなどのクセを改善する

    小さい頃からいつも口を開けていたり、指しゃぶり、ほおづえ、をしていると、出っ歯・すきっ歯になりやすいです。

    ずっと口を開けていると、唇が歯をおさえていないため歯が前に出やすくなるためです。また、舌の位置も変わってきて発音が悪くなりやすいです。

    乳歯が生えそろう前の5歳までには指しゃぶりはしないようにするとよいです。

    口を開けているときは、アレルギー性鼻炎などの影響で鼻呼吸ができず口呼吸になっていることもあります。口を開けるクセが止まらない時は、鼻炎などの可能性もチェックしてみてください。

    ほおづえは、手を頬に当てているクセですが、子供・幼児期の頃は、あごに負荷がかかり顔やあご・歯がゆがむことがあります。
    ほおづえは、噛み合わせが悪くなるだけでなく、体のバランスが崩れて体調不良にもつながるので注意が必要です。

  • スポンサーリンク
  • 食べ物をよく噛む

    最近は食べ物がやわらかくなっているため、噛むことをしないので、あごの大きさが小さくなる子供が増えています。

    体は大きくなっているのに、あごが小さいため、歯が入りきらずに歯並びが悪く、不正咬合になることがあります。

    毎回食べ物をよく噛んで食べることは大変ですが、1日1回は30回くらいを目処に噛む練習をするとよいです。お母さん・お父さんも一緒に噛む練習をすることで、子供も真似するようになります。

    また、食べ物を噛むときは片方だけに偏らずに噛むことが大事です。虫歯などで片方だけ噛むようになると、顔やあごが歪んで、歯並びも悪くなります。

    子供本人は気づかないので、ご両親のほうでチェックしてあげるようにするといいです。

正しい歯並びにするには、行きつけの歯科医院を作り、いつも相談できるようにするとよいです。
定期的に歯の健康チェックや、歯磨き指導などを受けると歯並びの悪化などに気付くことができます。

子供の歯並びが悪い・不正咬合になると何が悪いの?

子供の歯並びが悪いと、噛み合わせ・不正咬合になりやすいです。では、なぜ不正咬合が良くないのでしょうか?

子供の不正咬合が良くない理由
  • 虫歯、歯周病になりやすい

    不正咬合があると、歯磨きがキレイにできずにすべての歯をキレイに磨けなくなります。
    また、歯ブラシが届きにくい歯・歯周ポケットが出来て、虫歯や歯周病になりやすくなります。

  • 歯並びがコンプレックスになる

    子供の頃から歯並びが悪いと、見た目からコンプレックスになりやすいです。
    歯は顔で目立つパーツなので、からかわれたりすると、人見知りなど内向的な性格になることもあります。

  • 発音が明瞭でない・聞きづらくなる

    歯並びは舌の動きにも影響を与えます。下の動きは、話す言葉の発音にも影響を与え、明瞭な発音ができなくなります。
    明瞭な発音ができないと、その音が聞き取りが出来ないので、言葉の聞き取りが難しくなります。

  • 姿勢が悪くなる

    あごの歪みは、体のバランスを崩す原因になります。
    体のバランスが崩れていると、自然と姿勢が悪くなります。姿勢の悪さは、視力低下や肩こりなどの症状も引き起こします。

まとめ

  • 子供の歯並びが悪いのは遺伝の要素が影響する
  • 子供が大人になるまでは、歯は動いていくため変なクセ・虫歯にならないようにする
  • 歯並びが悪いと子供は、コンプレックスや体調の変化が出てくるので注意して見守るのが大切
スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ