アルツハイマー型認知症で残る・忘れる記憶の種類・違いは?

アルツハイマーで残る記憶・忘れる記憶は?
アルツハイマー型認知症になると、家族や子供の顔も忘れるのではないか?と心配になりませんか?

アルツハイマーは、脳の「海馬(かいば)」という記憶をつかさどる神経細胞が縮小していきます。

海馬には、数分前~数ヶ月に体験したことを記憶する働きがあります。

海馬で覚えた記憶は、覚えている必要があるか判断されます。そして、長期記憶として「大脳皮質」に記録されます。

そのため、海馬の神経細胞が縮小していくと、直近の記憶をするのが難しくなります。

ですが、アルツハイマーの方は、全てのことを忘れてしまうのでしょうか?

そこで、アルツハイマー型認知症で残る記憶、忘れる記憶の違い・種類についてご紹介します。

スポンサーリンク

アルツハイマー型認知症で残る・忘れる記憶の種類は?

アルツハイマー型認知症は、次の記憶が残る・忘れる傾向にあります。

記憶の種類 説明 アルツハイマー型認知症の方
近時記憶 5分前~約3ヶ月前に経験・体験した記憶 忘れやすい
展望記憶 将来起こる予定に関する記憶 忘れやすい
ワーキングメモリ 今現在覚えている短期記憶 覚えている
長期記憶 数ヶ月前以上の体験・経験で忘れられない記憶 やや覚えている
手続き記憶 体が覚えている記憶(自転車など) 覚えている

近時記憶:苦手

近時記憶は、体験してから数分~数ヶ月までに起きた「海馬」に保存される記憶です。

アルツハイマーで海馬が縮小するため、少し前に起きたことを思い出すのが難しくなります。

近時記憶が失われると、次のような症状が起きやすいです。

  • 何度も同じことを話す、聞く
  • 数ヶ月前までに体験したこと自体を全体忘れる
  • 忘れ物をする

近時記憶を何度も繰り返して記憶させると、長期記憶になります。

勉強で何度も同じことを繰り返し記憶すると、覚えやすくなるのも記憶が長期記憶になるためです。

ですので、認知症の方でも、楽しいこと・嬉しいことを体験すれば長期記憶になることもあります。

展望記憶:苦手

展望記録は、将来起きる予定などの記憶です。

これから起きる予定は、アルツハイマーになると忘れてやすいです。

展望記憶が失われると、次のような症状が起きやすいです。

  • 約束したことを忘れる
  • 片付けを忘れる
  • 日付を忘れる

アルツハイマーの方は、どうしても予定・約束事を忘れやすいので、メモなどで忘れ対策をします。

メモで予定を書いておくことは覚えられます。ですので、予定・約束事は記録しておくとよいです。

ワーキングメモリ:覚えている

今現在、体験していることは、ワーキングメモリという記憶に蓄えられます。

アルツハイマーの方は、ワーキングメモリは働いています。

ですので、ゆっくりと分かりやすいよう話をするとよいです。

長期記憶:やや覚えている

長期記憶は、数ヶ月以上前に体験した記憶です。

記憶は、ワーキングメモリ→近時記憶→長期記憶となって長期間覚えていけるようになります。

長期記憶は、海馬ではなく大脳皮質に保存されるため、アルツハイマーの影響を受けづらいです。

アルツハイマーになっても、長期記憶はある程度は覚えている事が多いです。

特に、長期記憶はインパクトが大きい出来事、大事にしている人・物事は残りやすいです。

ですので、アルツハイマーになっても家族・子供の顔をすぐに忘れることはありません。

ただし、アルツハイマーも進行が進むと、長期記憶の取出しが難しくなってきます。

そのため、アルツハイマーも進行が進むと、長期記憶も忘れていくためご留意ください。

若年性アルツハイマー(64歳以下)は、長期記憶の喪失の進行が早めです。

高齢者(65歳以上)の場合は、ゆっくり進行します。

スポンサーリンク

手続き記憶:覚えている

手続き記憶は、頭でなく体が覚えている記憶です。

考えなくても体が動いてしまう記憶で、ずっと乗っていなかった自転車に乗れたり、料理・楽器など手足を使う記憶です。

手続き記憶は「小脳」に記録されるため、アルツハイマーの影響を受けづらいです。

そのため、アルツハイマーになっても、手続き記憶は失われにくいです。

昔得意だった楽器・運動はできますので、介護する際に活用頂きたいです。

脳の部位と記憶の関係は?

脳の部位と記憶は、次のとおりです。

脳の部位 記憶の種類・働き
前頭葉 体験・出来事の記憶、計画の記憶
側頭葉 形を記憶
頭頂葉 空間把握の記憶、注意
後頭葉 視覚的な記憶
小脳 手続き記憶(体で覚えている記憶)

この他にも、神経核には「扁桃体」があり、危険・恐怖察知などの感情記憶を保持します。

どの脳機能が低下しているか?

認知症が疑われる場合は、「脳SPECT検査」により、どの脳機能が低下しているか分かります。

脳の部位で血流低下している箇所に、認知症の症状が出るのです。

脳SPECT検査は、検査液を注射して検査液が脳血管の血流を計測できる検査です。

特に認知症初期の疑いがある場合は、MRIやMMSEなどの認知症の基本的な検査だけでなく、脳SPECT検査をすることで認知症の早期発見が出来る場合があります。

認知症の早期診断は難しいとされますが、脳血管の血流を見ることで、MRI画像だけでは分からないことも診断可能です。

もし、認知症の初期で早期診断したい場合は、脳SPECT検査をしてみて頂きたいです。

ただ、現在のところ、脳SPECT検査ができる設備がある病院が限られています。検査料金も~10万円と高額なので、今後のSPECT検査の進展に期待したいです。

まとめ

  • アルツハイマー型認知症の記憶で残りやすいのは手続き記憶・ワーキングメモリ、忘れやすいのは近時記憶・展望記憶
  • 海馬には近時記憶が記録され、残す記憶と判断されると大脳皮質で長期記憶として記録される。
  • アルツハイマーになっても、楽器演奏など体が覚えてることは忘れないので、介護に活用したい
スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ