赤ちゃんの頭囲の平均は?正しい測り方・大きいor小さいと問題?

赤ちゃんの頭囲の平均は?
赤ちゃんの頭囲の平均は、脳の成長に関わるため、気になりますよね。

赤ちゃんは、出生後~1歳までに、身長は約1.5倍、体重は約3倍になります。

それに比べて、頭囲の成長は、約1.35倍です。あまり急に大きくはならないんですね。

頭囲は、身長・体重に比べて変化があまりないのです。

さらに、頭囲の測り方は、誤差が大きいと言われています。

赤ちゃんが動いて上手く測れないことや、測り方が多少ズレていたりすることがあるためです。

ですが、頭囲は脳の成長を見る尺度として、しっかりチェックしていきたいですよね。

そこで、赤ちゃんの頭囲の平均、正しい頭囲の測り方、大きい・小さい場合は問題か、ご紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんの頭囲の平均は?

赤ちゃんの頭囲の平均は次のとおりです。

赤ちゃんの平均頭囲グラフ

頭囲(cm) 男の子頭囲(cm) 女の子頭囲(cm)
出生時 33.5 33.0
0歳1ヶ月 38.0 37.0
0歳2ヶ月 39.9 38.9
0歳3ヶ月 41.4 40.2
0歳4ヶ月 42.3 41.2
0歳5ヶ月 43.0 41.9
0歳6ヶ月 43.6 42.4
0歳7ヶ月 44.2 43.0
0歳8ヶ月 44.6 43.5
0歳9ヶ月 45.1 43.9
0歳10ヶ月 45.5 44.3
0歳11ヶ月 45.9 44.7
1歳0ヶ月 46.2 45.1

頭囲は、生まれてから生後1ヶ月までが一番急成長します。

0歳1ヶ月以降は、どんどん大きくなっていきます。

女の子の頭囲は、男の子の頭囲より約1cmほど小さいですが、成長の仕方はほぼ同じです。

1歳までに約40%ほど頭囲は大きくなっていきます。

正しい頭囲の測り方は?

赤ちゃんの頭囲の測り方は、後頭部の膨らんだところから、眉の上のおでこの部分をぐるっとメジャーで回して測定します。

赤ちゃんは寝かせたまま、頭を軽く持ち上げてメジャーを後頭部に回して、おでこの方にぐるっと一周するようにします。

正確な測り方は、おでこの中央の眉と眉の中間点でメジャーを合わせます。「眉の上」にメジャーがあるようにします。

さらに、赤ちゃんが立ったと仮定して、メジャーが地面と水平になるようにするのがポイントです。

測り方はハチマキを巻くのと似ていますが、ハチマキはおでこの上側と後頭部を巻くので、地面と水平になりません。頭囲を計測する時は、地面と水平になるように測るようにします。

スポンサーリンク

頭囲が大きいと問題?

頭囲が大きい原因は、遺伝性・発育が良い(巨大児)・水頭症などの病気、が考えられます。

遺伝性・発育が良いために頭囲が大きい場合は、赤ちゃんの身長・体重との比較により判断します。

水頭症などの病気では、何かしらの原因で脳が大きくなることで頭囲が大きくなります。

頭囲が大きくなる病気は、水頭症(すいとうしょう)、脳腫瘍が代表的です。

「水頭症」は、脳にたまる脳髄液(のう・ずいえき)がうまく循環しないことで、脳髄液が脳全体にたまることで頭囲が大きくなります。

水頭症は脳髄液が脳から上手く排出されず、脳圧が高くなります。そのため、脳髄液を抜く手術(シャント法)をする必要があります。

脳腫瘍の場合は、脳の腫瘍が大きくなることで脳が膨らんでしまうことがあります。

頭囲の測り方は、誤差があるため、平均より少し大きいからといって、すぐに慌てることはないです。

赤ちゃんの成長とともに、問題がなくなることもあるので、あまり心配しないようにしてくださいね。

頭囲が大きい場合は、担当医と相談の上、対処を決めて頂きたいです。

頭囲が小さいと問題?

頭囲が小さい原因は、遺伝性・発育・小頭症などの病気の可能性があります。

遺伝性・発育については、身長・体重と比較して、頭囲が小さいか判断します。

「小頭症」は、先天性と後天性のものがあります。

先天性の小頭症は、染色体異常・子宮内感染などが原因で、頭蓋骨が正常な大きさにならないことです。残念ながら先天性の小頭症は治療が難しいとされています。

後天性の小頭症は、成長時に頭蓋骨の成長が止まってしまうことや、脳の成長が止まってしまい、頭が小さいままで成長してしまうものがあります。

頭囲が大きいケースも同様ですが、頭囲の測り方は誤差があるため、頭囲が平均より小さいからといって、すぐ慌てる必要はありません。

担当の先生と、身体全体の成長と合わせて見ていくことが大事です。

まとめ

  • 赤ちゃんの頭囲の平均は、男の子は33.5cm~、女の子は33.0cm~。
  • 頭囲の測り方は、後頭部の膨らんだところと、眉の上をメジャーで計測する。
  • 頭囲が平均より大きい・小さい時は、身長・体重と比較してどうか判断する。
スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ