赤ちゃんの出生時の平均身長・体重は?グラフで大きい・小さいを見る

赤ちゃんの出生時の平均身長・体重は?
赤ちゃんの出生時の身長・体重は平均より大きいか小さいか気になりますよね。

赤ちゃんが生まれると、よく生まれた時の体重が話題になります。

出生時の平均身長・体重は、その後の成長にも影響がある傾向もあるとされるからでしょうか。

食べ物が不足していた時代は、出生時の体重は低かったのですが、食べ物・栄養が豊富になってきて出生時体重は増えてきました。

ですが最近は、体重が少ない、小さい赤ちゃんが増えています。

「大きく産んで小さく育てる」のが流行っているからでしょうか。

時代とともに赤ちゃんの出生時体重・身長も変化しているようです。

そこで、赤ちゃんの出生時の平均身長・体重、成長の推移、低体重児・巨大児についてご紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんの出生時の平均体重・身長は?

赤ちゃんの出生時の平均体重・身長は次のとおりです。

<赤ちゃん出生時 身長・体重・頭囲(2010年)>

出生時平均 平均身長(cm) 平均体重(g) 平均頭囲(cm)
男の子 48.7 2980 33.5
女の子 48.3 2910 33.1

*厚労省による調査結果より。

参考までに、20年前の1990年の出生時の平均体重・身長は次のとおりです。

<赤ちゃん出生時 身長・体重・頭囲(1990年)>

出生時平均 平均身長(cm) 平均体重(g) 平均頭囲(cm)
男の子 49.6 3150 33.5
女の子 48.9 3060 33.1

最近になり、体重・身長ともに小さい赤ちゃんで生まれている傾向があります。

男の子も女の子も平均身長・平均体重ともに少なくなっています。生まれた赤ちゃんが小さくなっているということですね。

昔は妊婦さんは栄養をたくさん取るようにしていたのが、最近は高齢出産や、スタイル維持のために「小さく産んで大きく育てる」ことの影響となっているようです。

グラフで見る出生時の身長・体重は大きい?小さい?

男の子・女の子の出生時体重の割合は次のとおりです。

赤ちゃんの出生時の体重が、どのくらいの割合生まれているかを示しています。(2010年度厚労省調査)

男の子の出生時の平均体重の割合グラフ

女の子の出生時の平均体重の割合グラフ
体重の割合が7%より大きければ、全体の90%以内に入っています。

7%以下だとやや大きい・小さい方に入ります。

男の子の場合、2450g以下だとやや小さいと言えます。女の子の場合は、2410g以下だと小さい方と言えます。

また、男の子の体重が3500g以上、女の子で3410g以上だと大きい方と言えそうです。

<男の子の出生時体重の割合>

男の子の出生時体重 割合
2100g未満 3%
2100g~2450g 7%
2450g~2720g 15%
2720g~3000g 25%
3000g~3270g 25%
3270g~3500g 15%
3500g~3760g 7%
3760g超 3%

<女の子の出生時体重の割合>

女の子の出生時体重体重 割合
2130g未満 3%
2130g~2410g 7%
2410g~2660g 15%
2660g~2940g 25%
2940g~3180g 25%
3180g~3410g 15%
3410g~3670g 7%
2670g超 3%
スポンサーリンク

出生時体重が小さい:低出生体重児

WHOの基準では、出生体重について次の基準があります。

出生時体重が、2500g未満の場合「低出生体重児(LBW)」といいます。※infant:乳幼児

出生時体重が、1500g以下の場合「極低出生体重児(VLBW:Very low birth weight infant)」といいます。

出生時体重が、1000g以下の場合「超低出生体重児(ELBW:Exterminary low birth weight infant)」といいます。

以前は、体重が2500g未満の新生児を「未熟児」と呼んでいました。

ですが、出生時体重が2500g未満の新生児は、1980年台は約5%だったのが、2009年には約9.6%になり増加傾向があります。

最近は100人中約9人が低出生体重児で、珍しくなくなっています。

出生時体重は低くても、出産の週数が予定通りで初期診断に問題がなければ、問題ないことが多いと言われています。

ただし、2500g未満の新生児が生まれた時は、保護者は市町村に届ける必要があります。(母子健康保険法による)

出生時体重が大きい:巨大児

出生時体重が、4000g以上の場合「巨大児」といいます。

巨大児の出産は、難産になりやすく注意が必要とされています。

生後の1ヶ月~1年までの身長・体重の推移

赤ちゃんが生まれてから、生後0ヶ月~12ヶ月(1歳)までの身長・体重の推移は次のとおりです。

男の子 0歳~12ヶ月の平均身長・体重の推移グラフ

男の子 0歳~12ヶ月の平均身長・体重の推移グラフ

男の子は生後0ヶ月~7ヶ月くらいまでの身長・体重の増え方がスゴいですね。

特に、生後3ヶ月には生まれてから約2倍ほどの体重になります。

赤ちゃんは、すぐ重くなるんですね^^(おんぶ・抱っこが大変なワケです)

身長は3ヶ月位までが一番伸びがすごく、4ヶ月目以降もぐんぐんと成長していきます。

1歳になると身長は約1.5倍ほど伸びます。

男の子 0歳~12ヶ月の平均身長・体重の推移

男の子平均身長・体重 平均身長(cm) 平均体重(kg)
0歳0ヶ月 48.7 2.98
0歳1ヶ月 55.5 4.78
0歳2ヶ月 59.0 5.83
0歳3ヶ月 61.9 6.63
0歳4ヶ月 64.3 7.22
0歳5ヶ月 66.2 7.67
0歳6ヶ月 67.9 8.01
0歳7ヶ月 69.3 8.30
0歳8ヶ月 70.6 8.53
0歳9ヶ月 71.8 8.73
0歳10ヶ月 72.9 8.91
0歳11ヶ月 73.9 9.09
1歳0ヶ月 74.9 9.28

*厚労省による調査結果より。

女の子 0歳~12ヶ月の平均身長・体重の推移グラフ

女の子 0歳~12ヶ月の平均身長・体重の推移グラフ

女の子は、男の子のほど大きくなりませんが、同様に3ヶ月位までに体重が2倍近くなります。

1歳になると、約3倍くらいの体重になります。身長は約1.5倍にまで成長していきます。

女の子 0歳~12ヶ月の平均身長・体重の推移

女の子平均身長・体重 平均身長(cm) 平均体重(kg)
0歳0ヶ月 48.3 2.91
0歳1ヶ月 54.5 4.46
0歳2ヶ月 57.8 5.42
0歳3ヶ月 60.6 6.16
0歳4ヶ月 62.9 6.73
0歳5ヶ月 64.8 7.17
0歳6ヶ月 66.4 7.52
0歳7ヶ月 67.9 7.79
0歳8ヶ月 69.1 8.01
0歳9ヶ月 70.3 8.20
0歳10ヶ月 71.3 8.37
0歳11ヶ月 72.3 8.54
1歳0ヶ月 73.3 8.71

*厚労省による調査結果より。

赤ちゃんの身長・体重が小さいなら?

赤ちゃんの身長・体重が平均より小さくても、健康体であればそれほど気にしなくてもいいです。

赤ちゃんは生まれてから、1ヶ月で体重は2倍になり、すくすく育っていきます。

1年後には体重は、生まれた時の約3倍にもなります。

ですので、生まれてから育児でのびのび育つよう子育てして頂きたいです。

医師の診断で健康で問題なければ、成長ともに、見守ることも大事です。

赤ちゃんと一度しかない楽しい日々をお過ごしください^^

まとめ

  • 赤ちゃんの出生時の平均身長・体重は、男の子が48.7cm・2980g、女の子が48.3cm・2910g。
  • 男の子は出生時体重は2450g以下、女の子は2410g以下だと小さい方と言える。
  • 出生時体重が2500g未満だと「低出生体重児」と分類される。
スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ