大人の歯の矯正の費用・期間・リスクは?30代・40代が増加中

大人 歯科矯正

最近になり30代・40代の大人で歯の矯正をする方が増えています。

これまで歯の矯正は子供の時期にやるイメージがありました。

ですが、ここ数年では、全体の約40%が大人の方の歯科矯正で、増加しています。

大人の歯の矯正が増えている背景は、歯の矯正の装置が進化していて目立たず矯正できるようになったことがあります。

歯の矯正中は歯の周りにマルチブラケットワイヤーという針金のような器具を張っているため、笑った時に歯にワイヤーが見えてしまいあまりよい印象がありませんでした。

最新の歯科矯正では、ワイヤーを使わずに、目的の歯だけを矯正することもできます。今は見た目を気にせずに歯の矯正をすることが出来るのです。

実は、歯の矯正をする時期・年齢はあまり関係ありません。

子供の時に歯の矯正をするのは、噛み合わせが悪いと成長や健康に良くないことや、乳歯・永久歯の生え変わりの時期ということで子供の時に歯の矯正をしておこうというものです。

30代・40代の方で、歯並びが悪く歯のストレスを抱えている方は、歯の矯正をしてかみ合わせ・見た目などのストレスを解消してみてはいかがでしょうか。

ここでは、最新の大人の歯の矯正方法、費用、リスクなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

大人の歯の矯正の費用・期間は?

大人で歯の矯正するには、次のような方法があります。

どの歯を矯正したいのか、費用・期間・見た目・リスクなど総合的にみて、一番よい方法を選ぶことが大切です。

<大人の歯の矯正の方法>

  • 歯の前面で矯正/マルチブラケットワイヤー方式

    「ブラケット」とは歯に取り付けて、ワイヤーを通すための器具です。

    マルチブラケットワイヤーは、歯の表面の前側にブラケットを取り付け、ワイヤーで結んで、歯を矯正する方法です。

    マルチブラケットワイヤーの方式は歴史が長く、一番安く、安全にできる方式です。難点としては「見た目」です。

    笑った時に前の歯にワイヤーが見えると、見た目の印象があまり良くないと感じる方が多いです。

    マルチブラケットワイヤーの素材としては、ニッケル・クロム・チタンなどの金属製、セラミック・プラスチック・ジルコニアなどの非金属のものがあります。

    金属製のブラケットは目立ちやすいですが、非金属のブラケットは半透明・透明に近く、目立ちにくいです。

    ただ、目立ちにくいと言っても、見れば歯の矯正していることはすぐ分かります。非金属製のブラケットは値段が高めで壊れやすいというデメリットもあります。

    一般的なマルチブラケットの歯科矯正は、約60万円~100万円くらいかかります。歯を矯正するレベルにより値段はかなり上下します。治療期間は2~3年かかります。

  • 裏側ブラケット

    「裏側ブラケット」は、歯の裏側にブラケットを付ける方式です。リンガルブラケット・舌側ブラケットとも言います。

    大人の方で、歯の矯正する方は裏側ブラケットを利用する方が多いです。

    裏側ブラケットは、歯の裏側にブラケット・ワイヤーを装着するため、目立たないので矯正するのに抵抗がない方法として人気です。

    ただし、裏側ブラケットのデメリットもあります。

    ・口の中に違和感を感じる
    ・場合によっては話しづらくなる
    ・価格が高い(およそ80万円~150万円)
    ・技術が低い歯科医院だと矯正失敗するリスクがある
    ・歯科医院の技術によって完成の出来栄えに差が出る

    高度な技術を持つ歯科医院では、患者さん1人ごとにフィットする裏側ブラケットを作り、違和感のない歯科矯正が可能になっています。ただし費用は高くなります。

  • マウスピースによる矯正

    透明なマウスピースを付けることで、歯の矯正をします。

    透明なマウスピースは、透明度が高いのであまり目立たず、簡単にできるのが特徴です。
    定期的にマウスピースを交換しながら、歯を徐々に動かして、矯正していきます。

    マウスピースは自分で取り外せるので、食べる時・歯を磨く時は外すことができます。それ以外は1日約17時間以上、マウスピースをして歯の矯正をしていきます。

    マウスピースの歯科矯正の費用は、矯正箇所によりますが、40万円~100万円かかります。

    治療期間は1年~2年程度です。

    ただし、マウスピースの矯正は、全てのケースの歯の矯正をするのは難しいのが欠点です。マウスピースでの矯正で歯を移動できる距離は短いため、大幅な歯の矯正ができないです。

    部分的な歯科矯正、あまり大幅な歯科矯正でなければ、マウスピースの矯正が負担が少なくてよいです。

    スポンサーリンク
  • アンカースクリューによる部分的な歯科矯正

    アンカースクリューの歯科矯正では、アンカースクリューというインプラントで使う固定装置をあごの骨に埋め込んで、固定装置を軸に歯を移動させます。

    アンカースクリューの歯科矯正は、移動させたい歯のみを移動でき、これまで難しかった位置にある歯の移動が可能になります。

    また、アンカースクリューによる歯科矯正は、矯正する期間が短い傾向にあり、早く治したい方に向いています。

    アンカースクリューをあごに埋めるのは少し怖い感じがしますが、麻酔をするため痛みはなく10分程度で終わります。治療が終わったら抜いて数ヶ月で元通りになります。

    アンカースクリューの矯正は、あごの骨にスクリューを埋め込むため、アンカースクリューの脱落、アンカースクリューを埋めた所からの感染症などのリスクがあります。

    アンカースクリューは、歯科技術が高い病院で実施することをおすすめします。

30代・40代からの歯科矯正でリスクは?気をつけておきたい点

30代・40代で歯の噛み合わせが悪い、歯並びの見た目が良くない悩みは、できるだけ早く解消したいですよね。

歯の健康は寿命にも関係しているため、歯の噛み合わせが悪く、体に負担をかけているなら治療をおすすめしたいです。

歯科矯正は、大人になっても年齢に関係なくできます。

ただ、大人にならではの歯科矯正のリスクがあるのでご紹介します。

<大人の歯科矯正のリスクは?>

  • 滑舌が悪くなる

    裏側ブラケットなどでは、場合によっては舌が上手く回らず、滑舌が悪くなることがあります。

    仕事で話をする際に、うまく口が回らなくなることがあります。口の中に違和感があってストレスに感じる方もいます。

    慣れれば問題なくなることもありますが、営業などで話をメインにしている方は、問題ないか、事前に歯科医師に相談して頂きたいです。

  • 食べ物に気を付ける

    歯科矯正は、およそ1年~2年間くらいかかる長い治療です。その間、歯科矯正装置を付けていると、食べ物によっては矯正装置が壊れたりズレたりすることがあります。

    ピーナッツのような固い食べ物、ガムのように粘り気がある食べ物、コーヒーなどの色素が付きやすい食べ物・飲み物には注意が必要です。

    仕事で接待された時の食事やお客さんとの食事、お土産などをもらった時に、歯科矯正装置に負担が食べ物は、無理に食べないようにする必要があります。

  • スポーツ

    激しい運動をするスポーツでは、歯を食いしばったり、対人接触であご・歯をぶつけたり圧力がかかることがあります。

    あご・歯に圧力がかかると、矯正装置がズレたり外れたりするリスクがあります。

    会社の仲間内でのスポーツや、趣味でスポーツをやられている方は、注意が必要です。事前に歯科医師にスポーツをしていることを伝えておくとよいです。

  • 吹奏楽などの楽器演奏

    歯科矯正装置を付けていると、うまく口が動かず、吹奏楽など息を吹く楽器の演奏が難しい場合があります。

    趣味でトランペットやサックスなどを吹いている方は、矯正時は注意が必要です。

    マウスピースの歯科矯正装置なら、取り外しができるので、演奏時に外すことが出来ますので便利です。

大人の歯でも矯正可能な理由とは?

大人になっても歯の矯正は、何歳でも可能です。

というのも、歯の周りには、約0.2ミリの歯根膜という衝撃を和らげるクッション状の膜があり、強制的に歯に持続的に力を与え続けると移動させることが出来ます。

歯が移動すると歯根膜も一緒に移動していくため、歯に一定の力を入れておくことで、ある程度自由に歯を移動できるんですね。

ですが、あまり強い力で歯を引っ張ると歯茎が痛むため、1ヶ月に約1ミリのスピードで動かしていくようにします。

年齢が高くなると、歯の動く力は弱まっていき、スピードは遅くなります。歯の動くスピード・動きやすさは、15歳前後がピークで、早めの時期に歯を矯正したほうが治療は早くすみます。

注意したいのは、あまり急いで歯科矯正をしないことです。歯科矯正はある程度時間をかけて、矯正後も歯がしっかり根付くようにすることが大切です。

大人になってから噛み合わせが良くない、歯並びを治したいという方は、信頼のある歯科医院にて、じっくりと納得のいくように話し合いながら進めてください。

まとめ

  • 大人になっても歯科矯正は何歳でもできる
  • 歯科矯正の技術が進歩していて、目立たないように歯科矯正ができるようになった
  • 歯科矯正は出来上がりが歯科技術で出来が変わるため、技術力が高い信頼できる歯科医院での治療をする
スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ