アンチエイジングに効く食べ物は?効果の高い果物・野菜・飲み物

アンチエイジングをうたった商品が沢山でていて
人気になっています。

アンチエイジングは年を取るのを送られせ、
お肌などの見た目が若いままで、
病気などしない体作りをすることです。

アンチエイジングをするには、運動やサプリメントなど
様々な方法がありますが、体を作る食事から
変えていくのが取り組みやすいです。

そこで、アンチエイジングに効く食べ物や
飲み物、野菜・果物をご紹介します。

アンチエイジングの意味って?

アンチエイジングの食べ物を紹介する前に、
アンチエイジングとは何か?をご説明しますね。

食事で取り組めるアンチエイジングのポイントは、
1.抗酸化作用
2.オメガ3、6脂肪酸
3.低GI値
です。

<抗酸化作用とは>

抗酸化作用というのは、年齢を重ねると細胞の
働きが悪くなり、錆びついたようになります。

錆びついた細胞は、病気を発症したり、
お肌にシミなどを作ったりして老化していきます。

この原因となるのが「活性酸素」と言われる
体内で作られる物質です。

食事や運動などをすると活性酸素が作られ、
細胞を老化させていきます。

老化の原因になる活性酸素を減らすためには、
「抗酸化」をすることで、活性酸素を減らすのです。

抗酸化というと難しいですが、具体的には、
抗酸化作用を持つ食べ物を食べるだけです。

抗酸化作用を多く食べることで、体内の活性酸素を
減らすことが出来、老化を遅らせることができるのです。

<3,6オメガ脂肪酸とは>

脂肪酸は、お肉などにある脂肪のことです。

脂肪酸には2種類あり、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸が
あります。

通常、お肉などは飽和脂肪酸と言われ、
悪玉コレステロールを作ります。

スポンサードリンク

悪玉コレステロールは、血中に多くなると、
動脈硬化などの病気になりやすくなります。

では、脂肪を取らなければよいかというと
人間が生きていくには最低限の脂肪を取る必要があります。

そこで、不飽和脂肪酸も取ることで、
悪玉コレステロールを減らし、病気を予防します。

<低GI値とは>

低GI値の食品とは、食べた後に血糖値があまり上がらない
食品のことです。

通常、炭水化物などの食品を取ると、血糖値が
上がります。

炭水化物にはブドウ糖が含まれていて、
それが血液中に入ってきます。

するとブドウ糖の血液濃度が高くなるため、
膵臓よりインシュリンを出して、ブドウ糖の血中濃度を
下げる働きをします。

このブドウ糖の血中濃度が急激に増えることで
体に負担をかけてしまいます。

食べた後に血糖値が上がると、膵臓などに負担をかけ、
心臓病や肥満につながります。

そのため、血糖値がすぐ上がる食品を控えることで、
病気をしづらい体づくりができます。

アンチエイジングに効く食べ物は?

アンチエイジングに効果的な食べ物は、
偏った食べた方・飲み方をせずに、
バランスよく食べるといいです。

成分に含まれる成分により、目的に応じた
食品を食べるようにしてくださいね。

1.野菜

ブロッコリー、アスパラガス、ほうれん草、
たまねぎ、トマト

2.果物

ブルーベリー、ラズベリー、リンゴ、アメリカンチェリー
バナナ、キューイ

3.オイル

亜麻仁オイル、エゴマ油

4.飲み物

赤ワイン、ミネラルウォーター、

5.嗜好品

ダークチョコレート、くるみ、アーモンド

まとめ

・アンチエイジングに効果的な食べ物は、
抗酸化・オメガ脂肪酸・低GI値がポイント

・目的に応じた食品をバランスよく食べるようにする

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ