水道水を飲む安全性は?赤ちゃんでも大丈夫?美味しくする方法

水道水というと、カルキ臭い・サビが気になる・・といった
ネガティブなイメージになっています。

でも、実際に水道水はそれほど、悪いものなんでしょうか?

東京の水は、キレイで飲みやすく、ペットボトルで
売り出していたりします。

水道水を赤ちゃんやアレルギーのある方は飲んでも
大丈夫か?

また、水道水を美味しく飲む方法をご紹介します。

スポンサードリンク

水道水の安全性は?

水道水は、各地方の水源から水を取ってきますが、
ほとんどは、生活排水などの雑菌がなどがあり、普通では飲みません。

そのため、水を浄水場にて、カルキという塩素で殺菌をします。

日本では、安全性を保つため、法律で塩素をいれる必要があり、
日本中の水道水は、カルキが含まれています。

このカルキというのが、ニオイが臭い原因になります。

都会・地方によって水源が違うため、
カルキが含まれる配分や、硬度な浄水処理が発達したため、
昔よりは、飲みやすくなっています。

ただし、赤ちゃん・アレルギーのある方は、水道水は
そのまま飲むことは、おすすめできません。

現在は、水道水が一概に危険とは言い切れないのですが、
絶対に安全という証拠もないため、
グレーゾーンならやめておいたほうがよい、という考えです。

一応、日本の水道水の殺菌の基準は、WHOよりも厳しく、
生涯にわたって、摂取しても問題ないと言われています。

飲みやすい・味が良いと、安全性は別なんですね。

なぜ、水道水が危ないと指摘があるかというと、
カルキで処理する過程でできる「トリハロメタン」と言う物質が
体に良くないのです。

トリハロメタンとは、残留塩素とも呼ばれ、
クロロホルムという成分が主にになります。

トリハロメタンを多く摂取すると、中枢神経、肝臓に
負担をかけることになります。

また、アトピー性皮膚炎・喘息などのアレルギーを
起こす原因になると言われています。

さらには、イライラ・集中力低下・疲労感など
も起きると言われてもいます。

これらは、「大量に」トリハロメタンを摂取した時ですので、
水道水を少し飲んだからといって問題なる量ではないと思われます。

ですが、健康が気になる方、赤ちゃん・アレルギー体質のある方は、
飲み水はミネラルウォーターか、浄水器などを利用すると、
気持ちとしても、安心感がでますので、
ミネラルウォーターなどがおすすめです。

水道水からトリハロメタンを除去する方法

水道水からトリハロメタンを除去するには、
沸騰させ、最低30分沸騰させることが必要です。

30分という時間は、場所によりトリハロメタンの量が違うため、
多めに出しています。

スポンサードリンク

沸騰させるだけではダメな理由は、水は温度が上がると、残留している塩素が
他の成分と化合してしまい、塩素系物質が2,3倍に増えてしまいます。

そのため、さらに煮沸を30分程度行うことで、
ほとんどのトリハロメタンが除去できるようになります。

浄水器でトリハロメタンを除去する

トリハロメタンは、煮沸させると時間と手間がかかるので、
浄水器を利用する方も増えています。

浄水器は、トリハロメタンや大腸菌など有害物質を
濾過してくれるので、安全に水をのむことができます。

注意浄水器を高額な値段で売る業者もいますので、購入時は注意してください。
購入するときは、1人では決めず、他の人と相談して購入するようにしてください。
定期的にカートリッジを入れ替える必要もあり、費用が継続的にかかるので注意が必要です。

浄水器の種類は次のようなものがあります。

  • 活性炭濾過方式

    活性炭は、炭素を主とした物質で、多くの小さい穴が開いていて、
    その穴に有害な物質を吸着させ、取り除いて濾過をします。

    トリハロメタンや残留塩素といった有害物質を取り除くことができます。

    ですが、雑菌の繁殖を防ぐため、銀でコーテングしているものは、
    融けだして、銀が水道水に混じってしまうものがあります。

    最新の浄水器では対処されているものもありますが、
    銀のコーティングがないか注意が必要です。

  • 逆浸透膜 方式

    浸透膜という水と、それ以外の成分を分離する仕組みを応用したものです。

    日本の浸透膜の技術は高いものがあり、完全に水だけを分離できるので、
    純粋(ピュアウォーター)を作ることが出来ます。

    ただし、値段が少し高額になるものがあるので、注意が必要です。

  • マイクロフィルター方式
  • マイクロフィルターと呼ぼれる、小さな濾過膜で水と有害物質を分離します。

    ただ、マイクロフィルターの種類によっては、有害物質を一部通して
    しまうものがあり、粒子が大きい物質は濾過できますが、
    小さい物質の濾過は苦手です。

  • セラミック方式
  • マイクロフィルターより、さらに小さい穴を使うことで、
    さらに微小な有害物質を取り除くことが出来ます。

    ただし、小さい物質にも限界があり、完全に水を分離するところまではできません。

まとめ

  • 水道水は、塩素の殺菌があるため、気になる方は飲まないほうがいい
  • 水道水に含まれるトリハロメタンは極小量だが、危険性がある物質
  • 赤ちゃんやアレルギー体質のある方は、浄水器・ミネラルウォーターを飲むのがおすすめ
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ