熱中症にスポーツドリンクはどれがいい?糖分の飲み過ぎに注意

熱中症 スポーツドリンク どれがいい

熱中症の対策でスポーツドリンクを飲み過ぎていませんか?

スポーツドリンクのCMでも、熱中症を予防するかのような広告がありますよね。

確かに夏の暑い中にスポーツをして、沢山汗をかいた後に、スポーツドリンクを飲みたくなります。

そのため、外出時の熱中症の対策として、塩分・糖分を取るために、スポーツドリンクを飲むのは最適と思いがちです。

ですが、スポーツドリンクの飲み過ぎは、糖分が多く含まれているため、注意が必要です。

特に子供にスポーツドリンクを飲ませすぎると、糖分が多すぎて、虫歯・肥満につながるので注意が必要です。

また、糖尿病の方、糖尿病予備群の方も、糖分だけでなく塩分の摂り過ぎで、血糖値・血圧の上昇が気になるところです。

スポーツドリンクというと、ポカリスエット・アクエリアス・ゲータレードなどがありますが、どれがいいのでしょうか?

そこで、ここでは、熱中症で飲むスポーツドリンクとして、どれがよいか?また、経口補水液とスポーツドリンクの違いなどについてご紹介します。

スポンサードリンク

熱中症でスポーツドリンクはどれがいい?

熱中症対策のスポーツドリンクで体によいのは、あえて言うなら「ポカリスエット」です。

「あえて言うなら」というのは、スポーツドリンクはどれも糖分が高く、普段の熱中症の対策の飲み物としては、あまりおすすめできないです。

スポーツ後など運動した後に飲むものとしては、スポーツドリンクはよいと思います。

ですが、普段の生活の熱中症対策としては、糖分が高過ぎるのです。

熱中症対策で飲んでいただきたいのは「ミネラルウォーター」です。普通の水です。

暑くて喉が渇いたり、夏バテで疲れ気味だと、甘いスポーツドリンクを飲みたくなるかもしれません。

甘い飲み物は、飲んだ直後は血糖値が上がり元気になりますが、数時間後に血糖値が急降下すると、かえって疲労感が増えることがあるので気を付けて頂きたいです。

また、中には、カロリーゼロのスポーツドリンクもありますが、正確にはカロリーはゼロに違いですが、人工甘味料が使われている点があまり良くないです。

それでは、よく飲まれているスポーツドリンクの成分をチェックしてみましょう。

  • ポカリスエット(大塚製薬)
    ドリンク名 ポカリスエット(大塚製薬)
    原材料 砂糖、果糖ぶどう糖液糖、果汁、食塩、酸味料、香料、塩化K、乳酸Ca、調味料(アミノ酸)、塩化Mg、酸化防止剤(ビタミンC)
    栄養成分(500ml) 125kcal 、タンパク質・脂質:0g 、炭水化物:31g 、 ナトリウム:2.45mg 、 カリウム:100mg 、 カルシウム:10mg、マグネシウム:3mg

    ポカリスエットは、砂糖と果糖ぶどう糖液糖が糖分としての甘みを出しています。原材料名は、入っている分量が多い順に原材料を記載するので、ポカリスエットは、砂糖が一番多く入っている事がわかります。

    果糖ぶどう糖液糖は、清涼飲料水に多く使われている美味しい甘みを引き出す「魔法の液体」です。安く甘さを作ることができるもので、大半のジュースに入っています。糖分としては、体への吸収率が高く、血糖値が急上昇するので注意したいです。

    さらに、塩分は500mlサイズで、2.45gの塩分(ナトリウム)が入っています。

    厚労省で決めている高血圧にならない1日あたりの塩分摂取量は、約7~8gです。500mlのポカリスエットで、1日の約1/3程度を体に入れるため、高血圧の方は注意が必要です。

    ポカリスエットを飲む時は、スポーツ・運動などで汗を大量にかいた時などに飲むようにしたいです。

    普段の汗をあまりかかない状態で、飲み過ぎると、糖分・塩分の取り過ぎになります。

  • アクエリアス(コカ・コーラ)
    ドリンク名 アクエリアス(コカ・コーラ)
    原材料 果糖ぶどう糖液糖、塩化Na、クエン酸、香料、クエン酸Na、アルギニン、塩化K、硫酸Mg、乳酸Ca、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(スクラロース)、イソロイシン、バリン、ロイシン
    栄養成分(500ml) 45kcal、炭水化物 23.5g、ナトリウム 2g、マグネシウム 6mg、アルギニン 1g、イソロイシン 5mg、バリン 5mg、ロイシン 2.5mg

    アクエリアスは、甘み成分として、人工甘味料のスクラロースが入っています。

    スクラロースは、低カロリーにしつつ、砂糖の数百倍の甘さを感じさせる甘味料です。ゼロカロリーの飲料・食品に入っている事が多く、スクラロースの他、アセスルファムK、アスパルテームがあります。

    人工甘味料は、科学的に合成された甘味料で、甘みの中毒性を招くので注意が必要です。

    果糖ぶどう糖液糖は、ポカリスエット同様に入っています。

    アクエリアスの塩分(ナトリウム)は2gで、ポカリスエットの2.45gより少し少なめです。

    また、アクエリアスは、ポカリスエットにはない、イソロイシン・バリン・ロイシンの必須アミノ酸が入っています。

    必須アミノ酸は、人間の体では作り出せないアミノ酸で食品・飲み物から取らないと補給できないアミノ酸です。

    ただ、イソロイシン・バリン・ロイシンとも普通の食事をしていれば、体に取り込まれる成分なので、アクエリアスであえて取る必要はないです。


    ポカリスエット同様、アクエリアスも、運動した後に汗をかいた後に飲む程度にした方がいいですね。

    特に、人工甘味料・スクラロースは、一度飲むと病みつきになることがあるので、肥満気味な子供には沢山飲ませるのは、控えたほうが良いかもしれません。

  • ソルティライチ(キリン)
    ドリンク名 世界のKitchenからソルティライチ(キリン)
    原材料 果実(グレープフルーツ、ぶどう、ライチ)、砂糖類(果糖ぶどう糖液糖、果糖)、食塩(沖縄県産)、酸味料、香料
    栄養成分(500ml) 170kcal、炭水化物 42g、食塩相当量 0.55g、ナトリウム 2.2g、カリウム 6.5mg、カフェイン?

    ソルティライチは、ソルト(塩)を使った果実の清涼飲料水ですが、熱中症対策になるでしょうか?

    ソルティライチは、スポーツドリンクではないですが、ナトリウムは、2.2gとポカリスエット並に入っています。

    ただ、糖分は、正確な成分量が公開されておらず、糖分の量はかなり高いと想定されます。

    グレープフルーツ・ブドウ・ライチの果実のエキスと、果糖ぶどう糖液糖・果糖が加えられています。

  • Green DAKARA(サントリー)
    ドリンク名 GREEN DA・KA・RA(キリン)
    原材料 糖類(果糖、果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、レモン果汁、食塩、グレープフルーツピール、シークワーサーピール、うんしゅうみかん、ドライトマトエキス、香料、酸味料、塩化カリウム、酸化防止剤(ビタミンC)
    栄養成分(500ml) 45kcal、炭水化物 24.5g、ナトリウム 2g、カリウム 55mg、アミノ酸 2.5~25mg、ブドウ糖 10~35g、クエン酸 7g

    Green DAKARAは、フルーツの果実に、ナトリウムなどを加えた清涼飲料水的なスポーツドリンクです。

    レモン・グレープフルーツ・シークワーサー、うんしゅうみかん、トマトなどが入っていて、健康的に見えますが、果糖ぶどう糖液糖が多く使われているので、糖分に注意です。

    GREEN DAKARAの原材料は、先頭に糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖、果糖)になっているので、一番多く使われている原材料です。つまり、甘み成分が一番多く含まれているということです。

    GREEN DAKARAも、他のスポーツドリンク同様に、運動で汗をかいた後に飲むようにしたいですね。

スポンサードリンク

熱中症のスポーツドリンクで糖分の飲み過ぎに注意

熱中症は、水分・塩分の不足により2つのパターンがあります。

  • 急性型の脱水:子供がなりやすい

    急速に体の水分がなくなると、急性型の脱水・熱中症になります。

    炎天下での活動中や、胃腸の不調・下痢などで水分が不足すると、急性型の脱水症状になります。(低張性脱水、低ナトリウム血症)

    子供は、体に含まれる水分量が多く、少しの水分が不足するだけで、脱水状態になりやすいです。

    そのため、夏場の子供の外出では、こまめな水分補給だけでなく、体温が上がらないようなファッションをする、涼しい木陰で定期的に休憩するなど、熱中症対策をすることが大事です。

  • 慢性型の脱水:高齢者がなりやすい

    夏バテで食欲低下、水分補給不足になると、体の水分が不足していきます。

    すると、水分と塩分が徐々に不足してきて、慢性型の脱水症・熱中症になります。(高張性脱水・高ナトリウム血症)

    慢性型の脱水になりやすいのは、高齢者・大人がなりやすいです。

    病気で下痢や食事が上手く取れない時に、水分補給が十分でないと、なることがあります。

    普段から、こまめに水分補給をすることが大事です。

熱中症対策では「こまめな水分補給」とよく言われますが、どれくらいの間隔で水分を飲むか、何の飲み物を飲むかは大事です。

こまめな間隔で水分補給とは、約2時間おきくらいに水を飲むとよいです。

1回の水分の補給は、コップ1杯(150ml)程度で、少しずつの量を定期的に飲むのがコツです。

飲むものも、普段の生活では、スポーツドリンクではなく、水を飲むようにするほうがよいです。

たまにスポーツドリンクを飲むのもよいかと思いますが、スポーツドリンクをゴクゴク飲むのが習慣になると、クセになってしまいます。

子供がスポーツドリンクを常時飲んでいていると、甘さの中毒になり、スポーツドリンクを飲まないと気がすまなくなります。また、糖分が多いため、肥満・虫歯など成長期には悪影響を及ぼす危険性があります。

ですので、毎日ずっとスポーツドリンクを飲むことは避けて、適度・適量でスポーツドリンクを楽しんで頂きたいです。

熱中症にポカリスエットとアクエリアスはどちらがいい?

熱中症の対策にポカリスエットとアクエリアスを飲むなら、ポカリスエットを飲んだほうがいいです。

それはなぜか?と言いますと、アクエリアスにはスクラロースという人工甘味料が入っているためです。

人工甘味料は、少量で強力な甘さを感じさせ、また飲みたいと思わせる中毒性があるからです。

そのため、ポカリスエットよりアクエリアスを飲むと「また飲みたい」という欲求がアクエリアスの方が多いかもしれません。そういう意味で人工甘味料は飲み過ぎに注意したいです。

また、ポカリスエットは、体液に近いナトリウム・カリウム・マグネシウム・カルシウムが電解質(イオン)になっており、体への吸収力が高いです。

アクエリアスは、アミノ酸なども入っていますが、熱中症という観点ではあまり重要でないと思います。

ちなみに、熱中症になったかも?と思ったら、スポーツドリンクよりも「経口補水液」があれば、経口補水液を飲むようにしてください。

経口補水液の詳細→コチラへ

経口補水液は、普段から飲む飲み物ではなく、脱水・熱中症になった時に急速に体に水分・塩分を届ける液体です。

そのため、健康な状態で飲むと、味はマズイかと思います。

経口補水液が美味しいと感じる時は、脱水状態になっている時ですので、注意してくださいね。

まとめ

  • 熱中症でスポーツドリンクを飲むなら、アクエリアスよりポカリスエット
  • ただ、スポーツドリンクは糖分が多いので、普段は「水」を飲むようにする
  • 熱中症かも?と思ったらスポーツドリンクより「経口補水液」を飲むとよい
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ