朝に血圧が高いとなぜ危険?自宅での測定方法・朝と夜の差は?

朝

朝に血圧が高くなる方が増えています。

普段は血圧は正常値なのに朝だけ血圧が高くなり、
早朝に高血圧になると寝ていることもあり危険性が高いのです。


こうした方は、普段の血圧測定では正常なため、
ご自身が高血圧であることがわからないこともあるので、注意が必要です。

なぜ朝だけ血圧が高くなるのでしょうか?

ここでは、原因と血圧を下げる対策をご紹介いたします。

スポンサードリンク

朝に血圧が高いとなぜ危険?

昼間に健康診断などで血圧を測定すると正常値なのに、
朝に血圧が上がる方などを「仮面高血圧」といいます。

仮面高血圧は、寝ている夜に血圧が高い方、
朝方に血圧が高くなる方などがいます。

どちらも健康診断では問題が出ないので、高血圧であることが
発見しづらいので、危険性があると言われています。

朝に血圧が上がるのは2つのタイプがあります。

  • 夜から朝にかけて血圧が上がっていくタイプ
  • 通常、寝ている間は、血圧が10-20%下がっていき、低血圧になるのが健康的な血圧です。

    ですが、寝ている間に血圧が上がる方は、寝ている間に徐々に血圧が上がっていき、朝方にかけて最大の血圧になっていきます。

    寝ている時の上の血圧が150mmHg以上なら、118mmHgの人よりも脳卒中などの血管系疾患のリスクが4倍以上になります。

    急性心筋梗塞は、朝6時~10時に起きる割合が多いのもそのためです。

    夜に血圧が上がる原因は、血圧を下げる降圧剤を使用していて効果が切れる場合や、無呼吸症候群、糖尿病ななどの病気が関係していることがあります。

  • 急に朝に血圧が高くなるタイプ

    寝ている時は、血圧は下がって安定していても、朝に血圧が急に上がる事があります。

    血管系疾患の患者さんだと、他の時間帯に比べ早朝は、他の時間帯に比べ、約3倍、心筋梗塞などが起きやすい時間帯で注意が必要です。

    急に朝に血圧が上がる原因は、自律神経が関係しています。

    血圧は、自律神経の交感神経と副交感神経で血圧を調整しています。

    交感神経(緊張状態)が優位になると血圧が上がり、副交感神経(リラックス状態)が優位になると血圧は下がります。

    寝ていると、副交感神経が優位になりますが、朝方は自律神経の乱れがあり、血圧のコントロールができず急に上がりやすくなります。

    また、降圧剤を飲んでいる方は、朝は血中濃度が低くなっているため、降圧剤が効きづらい時間帯なのです。

    そのため、朝に起きた時に、血圧が急に上がってしまうことが多いです。

夜から朝にかけて血圧が上がるタイプは、急に朝に血圧が上がるタイプの方より危険です。

夜から朝にかけて血圧が上がるタイプは、朝に上がるタイプに比べて約2倍、血管系の病気になるリスクがあります。

というのも、夜にずっと血圧が高い状態になっていると、血管・心臓などの臓器に長時間、負担をかけるためです。

睡眠は、1日の1/4~1/3を占めているため、体への負担がかかるのです。

まずは、夜・朝に血圧が上がっていないか、ご自宅で血圧計で測定してみることが大事です。

スポンサードリンク

朝の血圧が高いのを自宅で測定する方法・朝と夜の差は?

朝に血圧が上がる方は、普通の健康診断では正常値になるので、発見することが難しいです。

そのため、ご自宅で、血圧計を使って、就寝前と起床後に血圧を測って診断をします。

朝に血圧が上がるか測定する方法
  • 寝る前と起きた時に血圧を測定する

    家庭用の血圧計を使い、夜寝る前・朝起きた時の1時間以内の血圧を測定します。

    家庭用の血圧計は、正常な値を測定できるよう上腕で測定する血圧計がよいです。

    指先や手首で測定する血圧計は、便利ですが誤差が出やすいと言われています。

    また、家庭で測る血圧は、病院で測る血圧より、10mmHg程度低く出ることが多いです。

    家庭で測る時はリラックスしていることが多いため、血圧も低く出やすくなるためです。

  • 寝る前の血圧と起きた時の血圧の差と平均を算出する

    朝と夜の上の血圧(収縮時血圧)を使い、以下の計算をします。

    1.朝の上の血圧値-夜の上の血圧値=差 →20mmHg以上なら早朝高血圧

    2.(朝の上の血圧値+夜の上の血圧値)÷2=平均 →135mmHg以上なら早朝高血圧

    上の血圧で、朝と夜の差が20mmHg以上、朝と夜の平均が135mmHg以上なら、早朝高血圧の可能性が高いです。

    早朝高血圧と分かったら、早めに病院にて検査をすることをおすすめします。

    また、血圧を上げないような生活をすることも大事です。

    ・塩分は控える
    ・ウォーキングなど軽い運動をする
    ・水分を取る(飲み過ぎない程度に)
    ・たばこ、アルコールは控える
    ・リラックスする
    ・糖尿病、無呼吸症候群など他の生活習慣病がないかチェックする

早朝高血圧になる危険性とは?どのような病気になる?

早朝高血圧は、記帳直前に血圧が上がっている上に、起きて動くことで血管の病気のリスクを高めます。

起床後1時間以内は心筋梗塞、起床後2時間以内に脳卒中が多く発生する傾向にあります。

その原因は「血栓」によるものです。

血栓は、血液中の成分である血小板が固まって、血管を塞いでしまい血流を止めてしまうことによります。

この血栓がどこで起きるかによって、心筋梗塞・脳卒中などが発症します。

コレステロールや中性脂肪が血管の壁にたまってくると、血管が破れやすくなり敗れた血管に血小板で止血します。

その血小板のかたまり(血管のカサブタ)が、高血圧などで血流に流されると、血栓になります。

早朝高血圧は、血圧だけでなく、コレステロール値や中性脂肪などの成人病に関する検査数値もチェックして、改善する必要があります。

まとめ

  • 早朝高血圧は、通常の血圧測定では分からないことが多いので危険です
  • 朝に血圧が上がるのは、夜から朝にかけて血圧が上がるのと急に朝に上がる2つのパターンがある
  • 自宅で寝る前・起きた後の血圧を測定して、差と平均値を調べることで早朝高血圧か判断できる
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ