アレルギー血液検査の見方は?RASTで食べ物・ハウスダストをチェック

食べ物やダニ、ペットの毛などのハウスダストのアレルギーは、
血液検査RAST法により、どの物質がアレルゲン(アレルギーのもと)に
なっているか検査ができます。

アレルギーの元になる物質は、200以上あるため、
一度の検査で全ては調べられませんが、
思い当たる部分について、血液検査ですぐチェックができます。

アレルギーで怖いのは、アナフィラキシーショックという
アレルギー症状で、死に至る可能性もあり、
自分や子供が、どのアレルギーを持っているかをチェックしておくことが大事です。

ここでは、血液検査でアレルギーをチェックするRAST法についてご紹介します。

スポンサードリンク

アレルギーの血液検査RASTの見方は?

血液中には、人間が異物とみなした物質を排除する
働きがあり、それが、アレルギー反応の1つです。

アレルギーを起こす免疫物質をIgE(免疫グロブリン特異的)と言います。

血液検査では、血液中にある200以上のIgEについて、
濃度をチェックすることになります。

アレルギー血液検査の方法は、
よくあるアレルギーを1回で調べる「マルチアレルゲン検査」と
特定のアレルゲン(アレルギーのもと)を1つずつ調べる
「シングルアレルゲン検査」があります。

通常は、マルチアレルゲン検査をした結果を見て、
さらに詳細に、シングルアレルゲン検査をして、
アレルゲンを特定していきます。

シングルアレルゲン検査では、
事前に問診などをして、”当たり”を付けてから
IgEの血液検査をするのが一般的です。

RASTは、陰性から高度強陽性まで5段階の評価があります。

RASTの数値が高いからといって、必ずしもアレルギー症状が出ているとは
限らないので注意が必要です。

花粉症のように、以前はアレルギーでなかったのに、
急に花粉症になる場合は、元からアレルゲンを持っていて、
それが表面化するように、将来にアレルギー症状が現れる可能性があるのです。

    <RASTの見方:検査結果の数値>

    スポンサードリンク
  • クラス0:陰性(-):0.34UA/ml以下(アレルギーの問題なし)
  • クラス1:疑陽性(±):0.35-0.69UA/ml
  • クラス2:陽性(+):0.70-3.49UA/ml
  • クラス3:強陽性(++):3.50-17.49UA/ml
  • クラス4:高度強陽性(+++):17.49-49.99UA/ml以上(50%の確率でアレルギーあり)
  • クラス5:高度強陽性(+++):50.00UA/ml以上

RASTの検査で分かるアレルギー症状は?

RASTの血液検査で分かる代表的なアレルギー症状は以下のものです。

アトピー性皮膚炎、花粉症、アレルギー性鼻炎
じんましん、気管支喘息、アレルギー性結膜炎、
接触性皮膚炎、アナフィラキシーショックなど

<アレルゲンの種類>

  • 吸入性アレルゲン(吸い込むことでアレルギー症状が出る):
    ダニ、ペットの糞尿・毛・アカ、かび、タバコ、花粉、砂塵、PM2.5、ハウスダストなど
  • 食物性アレルゲン(食べ物に入っていて食べることでアレルギー症状が出る):
    卵、そば、牛乳、かに、えび、いくら、さば、小麦、大豆、肉など
  • 薬物性アレルゲン(薬品により出るアレルギー症状):
    医薬品、残留農薬、化粧品、洗剤、塗料など

アレルギー症状の対処法は?

アレルギー血液検査で、どのような物質にアレルゲンがあるのか
分かったら、まずはその物質に触れない・食べないようにします。

アレルゲンは、1つとは限らず、2つ・3つ同時にアレルゲンを
持っている場合もあるので、注意です。

アレルゲンの反応は、すぐに治療はできないため、
時間をかけて、アレルギーの反応を抑える治療をしていくことになります。

すぐに改善はできませんが、アナフィラキシーショックを起こさないよう
ひどい症状を起こす前に、血液検査でアレルゲンを調べておくことは大事です。

最近は、化学物質を使った製品が増えており、住みやすい・美味しいなどの
反面で、アレルギー症状を起こすこともありますので、アレルゲンがある方は、
注意をして生活して頂きたいです。

まとめ

  • アレルギーは、血液中のアレルゲン特異的IgEの濃度により調べることができる
  • どのようなアレルギーがあるかは、血液検査RASTにより分かる
  • アレルゲンは200以上あるため、IgE抗体を調べ、生活で気を付けて過ごすようにする
    (大抵のアレルギー症状は、抑える特効薬はないので、時間をかけて治療にあたる)
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ