ミネラルウォーターでダイエットするなら硬水がいい?おすすめは

ミネラルウォーター
ミネラルウォーターを飲んでダイエットをする方が
増えていますが、硬水ならどれでもいいわけではありません。

硬水でも、超硬水で有名なコントレックスは
硬度が非常に高いので、下痢になったり、体質に合わない方も多いです。

そのため、健康的にダイエットするためには、
適切なミネラルウォーターを選んで、適切な飲み方をして頂きたいです。

ここでは、ミネラルウォーターの基礎知識と、
ミネラルウォーターでダイエットする方法・注意点をご紹介します。

スポンサードリンク

ミネラルウォーターでダイエットするなら硬水がいい?

ミネラルウォーターでダイエットするには、ミネラルウォーターの選び方、
飲み方にポイントがあります。

<ミネラルウォーターでダイエットをするポイント>

  • 新陳代謝を改善しやすい硬水のミネラルウォーターを選ぶ

    肥満になる原因として、代謝が悪いことが上げられます。
    代謝が悪いと、老廃物がたまり、便秘になったり、脂肪がつきやすい体質になります。

    そこで、便秘を改善し、代謝を良くする必要があります。

    ダイエットをするときの水選びとしては「超硬水」が向いています。

    超硬水とは、水に含まれるミネラル成分である、マグネシウム・カルシウムの分量が多い水です。

    マグネシウムは、便秘改善の効果があり、腸の中に入ると、腸内の便に水分を与えて、
    腸壁にこびりついた便も掃除してくれます。

    マグネシウムは、妊婦さんの便秘改善時に処方されることもあり、
    体へに負担が少なく、穏やかに便通を良くしてくれます。

    ただ、気を付けたいのは、硬水は、胃腸が弱っていると胃腸に負担をかけることがあります。
    硬水を飲むと、下痢になってしまう方がいるのもそのためです。

    そのため、超硬水を飲むときは、少量にして試す、硬度を下げたミネラルウォーターを
    試しに飲んでみるなどして頂きたいです。

    また、マグネシウムだけでなく、カルシウムも一緒に取ることで、体への負担が減ります。
    カルシウム:マグネシウム=2:1の割合の水が理想的と言われています。

  • そのため、マグネシウムの量だけが多い水は避けるようにした方がいいです。

  • 水を飲むタイミング

    ダイエットをするときは、水を飲むタイミングも大事です。

    硬水は、食欲を抑える働きがあります。
    そのため、食事する前に、1杯水をのむことで、食欲を減らすことができます。

    ただし、急激に食事量が減ると、栄養不足になるので、
    栄養バランスを考えた食生活にすることも大事です。

    また、食事内容に、肉・卵・乳製品などの酸性食品を取っている方は、
    多く摂り過ぎると、疲れやすくなり、代謝が低下しやすいです。

    そこで、アルカリ性の水を飲むことで、体の酸性・アルカリ性を調整します。

    体の体液は、弱アルカリ性なので、アルカリ性の水は相性がいいです。

  • 水の飲み方

    ミネラルウォーターを飲む量は、多すぎても少なすぎてもいけないです。

    ミネラルウォーターの1日の量の目安は、700ml~1.5l(リットル)です。
    喉が渇いてなくても、ミネラルウォーターをこまめに飲むのが良い飲み方です。

    また、ミネラルウォーターだけ飲んでダイエットするといったことは、
    危険なのでやめてくださいね。栄養が足りなくなり、体調不良になります。

    また、ミネラルウォーターは、冷やし過ぎず、常温で飲むといいです。

    ミネラルウォーターで体を冷やすと、代謝が悪くなるので、
    夏場でも、できるだけ常温・冷やし過ぎない水を飲むといいです。

  • 適切な運動・食事をする

    ミネラルウォーターを飲むだけでは、ダイエットはできないです。

    スポンサードリンク

    適度な運動(ウォーキングなど)と食生活を改善もして、
    適したミネラルウォーターを飲むことで、効果が出てきます。

    食生活は、脂質・糖質(甘いもの)を抑え、ビタミン・良質なタンパク質も取れる
    ような栄養バランスがよい食生活がいいです。

    カロリー・糖質が多いごはん、パンなどの食べ過ぎには注意ですね。

あなたにあった硬水が見つかったら、
最低1ヶ月間、ミネラルウォーターを飲み続けてみてください。

約1ヶ月間に超硬水を飲んでいると、便秘・代謝が改善されて、徐々に痩せる効果が出やすいとされています。

ただ、ダイエットで硬水のミネラルウォーターを飲むのでしたら、
栄養バランスがとれた食事で、適度な運動・マッサージなどと組合せて、健康的にダイエットしてくださいね。

ダイエットにおすすめな硬水のミネラルウォーター
クールマイヨール(大塚ベバレジ) 硬度:1612.0
クールマイヨールは、硬度が高すぎるので、飲むときは注意して下さい。

コントレックス (サントリー) 硬度:1475.5
コントレックスは、硬度が高すぎるので、飲むときは注意して下さい。

サンペレグリノ (サントリー) 硬度:674

サントリー100%深層水 (サントリー) 硬度:711.8

ヴィッテル (サントリー) 硬度:309.1

エビアン (カルピス) 硬度:306.6

ダイエットする前に、知っておきたいミネラルウォーターの種類

ミネラルウォーターというと、水源から取ってきた天然の水、という
印象がありますが、厳密に言うと、3種類があります。

飲んでいる水が、どのような種類であるかを知っておいて頂きたいです。

<ミネラルウォーターの種類(日本基準)>

  • ミネラルウォーター
    特定の水源から採取した水で、ミネラル成分が入っている水。
    濾過、沈殿、殺菌処理、ミネラル成分の調整をしている。

    ミネラルウォーター:
    ・クリスタルガイザー

  • ナチュラルウォーター
    特定の水源から採取した水で、ミネラル成分が入ってるかは問わない。
    濾過、沈殿、殺菌処理をしている。
    ミネラル成分が入っているナチュラルウォーターを「チュラルミネラルウォーター」と呼びます。

    ナチュラルウォーター:
    ・白神山地の水

    ナチュラルミネラルウォーター:
    ・コントレックス
    ・エビアン
    ・ヴィッテル
    ・ヴォルビック
    ・サントリー 南アルプスの天然水
    ・六甲のおいしい水

  • ボトルドウォーター
    特定の水源から採取した水で、水源からの成分に大きく変更を加えている水。
    また、海藻深層水などの水。

    ボトルドウォーター:
    ・キリン アルカリイオンの水
    ・水道水

詳しくはコチラを御覧ください。

ミネラルウォーターというと、天然の水を飲んでいる気がしていますが、
日本の水は、ミネラル分が少ないため、ミネラル分を加えている事が多いんですね。

それに対し、ヨーロッパの水は、殺菌などせずに、原水のまま
ミネラルナチュラルウォーターのものが多いです。

ヨーロッパは、水資源の安全性を厳しくチェックしているため、
原水をそのまま飲むことができるのです。

硬度には、軟水・硬水があり、マグネシウムとカルシウム濃度が高いと硬水、
濃度が低いと、軟水と呼びます。

日本の水は、ほとんどが、軟水で、飲みやすいのは軟水です。
料理に使う水も軟水が向いています。

まとめ

  • ミネラルウォーターでダイエットするなら超硬水~硬水がよい
  • 超硬水は体に負担があるので、自分にあったミネラルウォーターを探す
  • ミネラルウォーターを飲むだけでなく、適度な運動・食生活も合わせて見直すと効果的
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ