洗い流さないトリートメントと洗い流すトリートメントの違いは?

最近、ヘアケア用品が沢山発売されるようになって、
どのヘアケアを使っていいのか分かりづらくなっていませんか?

特に、シャンプー後のトリートメント等のヘアケア商品は、
商品が多くて、どれが自分に向いているのか、分かりづらいです。

トリートメントの仕方によっては、髪の毛のツヤ・コシが
変わってくるので、キレイな髪の毛を維持するには、大事なポイントです。

そこで、ここでは。洗い流すトリートメントと
洗い流さないトリートメントの違いや、
トリートメントの種類とどのような髪質に合うのか、
間違ったトリートメントの使い方・正しい使い方についてご紹介します。

スポンサードリンク

洗い流さないトリートメントと洗い流すトリートメントの違いは?

トリートメントには、洗い流すタイプと洗い流さないタイプがあります。

洗い流さないトリートメントと洗い流すトリートメントの違いは、
主成分と、使用方法が違います。

洗い流さないトリートメントと洗い流すトリートメントノどちらが良いか?
については、洗い流さないトリートメントの方がオススメです。

なぜ、洗い流さないトリートメントが良いのか?、については、後でご説明しますね。

まずは洗い流すトリートメントと洗い流さないトリートメントの違いについてご説明します。

    <使い方の違い>

  • 洗い流すトリートメント:
    お風呂の中で使うので、インバス・トリートメントとも言います。

    シャンプーをした後、髪の毛にトリートメントを付けて、
    その後、軽くすすぎます。

    できるだけ水気を切った後に、トリートメントを付けるのがポイントです。
    この時、頭皮には付けないように注意します。
    (頭皮にトリートメントが残ると、炎症や毛穴のつまりになります)

  • 洗い流さないトリートメント:
    お風呂の外で使うので、アウトバス・トリートメントとも言います。

    髪の毛をタオルドライか、ドライヤーで乾かした後、髪の毛に付けます。

    トリートメントは、髪の毛の中間から先に付けて、頭皮に付けないように
    するようにします。

    <成分の違い>

  • 洗い流すトリートメント:
    濡れている髪につけるため、髪の内部までトリートメントの成分が浸透して、
    栄養補給、髪の毛の表面を保護する成分が入っています。

    お湯ですすいでも効果が持続するよう、界面活性剤(カオチン系)が多めに
    入っているため、髪・頭皮への刺激が強い傾向があります。

    逆に言いますと、洗い流すトリートメント成分は、界面活性剤が多いため、
    洗い流さないといけないのです。

    スポンサードリンク

    洗い流す時に、顔・体のお肌に付着したままだと、お肌が荒れる時があるので注意が必要です。

  • 洗い流さないトリートメント:
    成分は、洗い流すトリートメントと同じような保湿・保護の成分が
    入っていますが、髪の毛に留まって髪の毛を保護するため、効果が高いです。

    界面活性剤も少ないため、お肌に対する安全性が高いです。
    頭皮・顔・体などのお肌に付くことがなく、お肌が荒れる心配がありません。

洗い流さないトリートメントと洗い流すトリートメントはどちらがいい?

洗い流すタイプと、洗い流さないタイプのトリートメントは、
比較すると、「洗い流さないトリートメント」の方がよいです。

洗い流さないトリートメントの方が良いのかと言いますと、
界面活性剤が少なくお肌への刺激が少ないためです。

トリートメントの成分は、保湿・コーティング保護する成分が
含まれていますが、お肌には刺激になることがあります。

そのため、洗い流さないトリートメントは、お湯で雪がないので、
頭皮や体に付くことがないので、安心して使えるのです。

また、洗い流すトリートメントを使うと、お湯を余計に使ったり、
手間を考えると、洗い流さないトリートメントの方がラクです。

ただ、製品によっては、シャンプーと合わせて使うほうが
効果が高いです。

もし、お気に入りのシャンプーがあって、トリートメントが洗い流すトリートメントも
セットで販売しているなら、シリーズで合わせて使うほうがいいです。

その点は、使いやすさ・好みで選んで頂きたいです。

洗い流さないトリートメントの種類は?

洗い流さないトリートメントには、いくつか種類があります。
タイプに応じて、選んでみてくださいね。

  • クリームタイプ
    硬い髪質で、髪量が多い方に向いています。

  • オイルタイプ
    髪の乾燥が気になる方、ぱさつく方、髪量が多い方に向いています。

    オイルタイプは付ける過ぎると、ベトついたり、
    ドライヤーで焼けてしまうので、あまり付け過ぎないよう注意です。

  • ミルク・ジェルタイプ
    髪量が少なく、抜け毛・薄毛が気になる方に向いています。

    ミルクタイプは、髪の毛へのダメージがすくないです。

  • ミストタイプ
    スタイリングも一緒にできて簡単にトリートメントしたい方に向いています。

まとめ

  • 洗い流さない・洗い流すトリートメントなら、洗い流さないタイプがおすすめ
  • 洗い流さすトリートメントは、肌に刺激がある成分が多めに入っている
  • 洗い流さないトリートメントには、クリーム、オイル・ミルクタイプなどがあり、髪質によって使い分ける
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ